ドクター開業相談専用ダイヤル

受付時間(平日)10:00〜17:00

03-3240-0253

医院開業コラム

開業のタネ

もやっと先生のための科目別開業ポイント

もやっと先生のための科目別開業ポイント 第4回

皮膚科の開業を成功させるポイントは?開業資金の目安や収入、事例も紹介

  • 医院開業のポイント

2024.06.07

皮膚科の開業を検討するにあたり、注意すべきポイントなどについて解説します。他の診療科目と比較すると、内装設計や医療機器の選定に注意が必要になる診療科目です。美容皮膚科を実施する場合は、特に注意が必要です。開業のポイントや診療報酬単価の低さを補うポイントの他、開業資金の目安なども記載していますので、皮膚科開業の参考にしてください。

皮膚科の開業資金の目安

皮膚科クリニックの開業資金は、美容皮膚科領域をどの程度実施するかによって必要な資金が異なります。一般的な皮膚科ですと5,000万~7,000万程度必要となります。美容皮膚科領域を実施する場合は、1,000万円以上プラスで開業資金が必要となります。美容系の医療機器をどの程度揃えるかによって大きく費用が異なってきますので、診療コンセプトに沿って計画を練っていきましょう。

【皮膚科の設備費用】皮膚科の開業を成功させるポイントは?開業資金の目安や収入、事例も紹介

皮膚科の平均年収

厚生労働省(中央社会保険医療協議会)が開示している第58回医療経済実態調査を基におおまかな収支構造と年収について解説いたします。

【皮膚科の収支構造(年間)】皮膚科の開業を成功させるポイントは?開業資金の目安や収入、事例も紹介
参照:https://www.mhlw.go.jp/content/12404000/001197198.pdf

個人の場合

皮膚科(開業医)の年収は、全体が約3,020万円であるのに対して、約2,792万円となっています。ただし、統計上のデータですので、美容皮膚科領域の内容によって収益も異なってきます。昨今では、保険診療に加えて美容皮膚科(自由診療)を実施する皮膚科クリニックが増えています。自由診療は価格を自身で設定できますので、美容皮膚科の患者さんが増加するにつれて収益も大きくなります。

医療法人の場合

損益差額は約837万円と、全体の約1,536万円と比較すると低い数値を示しており、整形外科に次いで2番目に低い数値です。構成比率をみると9.6%で、全体の9.2%と比較すると高く、小児科、外科、精神科に次いで4番目に高い数値を示しており、比較的利益率が高い診療科目といえます。
医療法人の場合、理事(理事長)の役員報酬が給与費に含まれますので、個人の場合と比較すると、人件費が高くなります。

 

皮膚科を開業する際のポイント

皮膚科開業のポイントを5つ解説します。
(さらに…)

これより先は、会員の方のみ
ご覧いただけます(登録無料)

この記事をシェアする

執筆者紹介

平川 宗史

平川 宗史
(ひらかわ そうし)

株式会社アイセイ薬局 クリニカル・ソリューション部
首都圏エリア 医療モール開発・開業サポート担当

内装計画を含む物件関連全般、および会計や経営の知識が特に豊富なコンサルタント。コンビニエンスストアに19年間勤めた経験があり、9年間はスーパーバイザーとして各店舗の経営管理を、10年間は店舗開発部門で物件選定から店内デザインまで幅広く担当していた。物件提案から開業後の経営に関する相談まで、一貫してドクターに伴走できることが強み。

関連記事

開業物件情報

開業に関するお問い合わせ

ご相談だけではなく、医院構想の計画フェーズも親身にサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

開業に関するお問い合わせ

無料の開業物件検索・お問い合わせ

長年のノウハウで「集患のできる物件」をご紹介。気になる物件がありましたら、個別にお問い合わせください。

無料の開業物件検索・お問い合わせ