CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録

CLINICAL SOLUTION’S STAFF

医療モール開発・開業サポートチーム

地域医療マーケティングのスペシャリストたち

01

組織・チーム

私たちの使命は「クリニカル・ソリューション」です。

私たちの役割は医療モールをはじめとする医院開業物件の開発とそこで開業するドクターへの開業サポートを中心に、医療法人の分院展開や病院サテライト展開、移転・建替えなど多岐にわたります。共通しているのは私たちの強みである物件開発ノウハウをソリューションとして、医療機関が抱える様々な経営課題の解決に向けたお手伝いをしている点です。

“エース”はいますが、“カリスマ”はいません

医院開業をサポートする業界には“カリスマ・コンサル”と呼ばれる医院開業や医療経営に高い知見を有する個人が存在するのも事実です。しかしながらそのカリスマも同時期に多くの開業案件やプロジェクトで存分に実力を発揮するには自ずと限界があります。また、医院経営環境が大きな変化を向かえている昨今、従来の経験値を基にした属人的な能力に頼ってしまうのはリスク要因のひとつといえます。

大切にしているのは“チーム対応”

クリニカル・ソリューション部は薬剤師をはじめ、医薬品、医療機器、金融、不動産、GSM、マスコミなど様々な業界をバックボーンとした多様な能力を有するメンバーが集結。属人性を排し、ビジネスプランに矛盾点が無いか、進捗に問題が無いか、密なミーティングをベースに情報の共有化と潜在課題への対応など、プロジェクトの成功に向けて一丸となって対応しております。

02

アビリティ

調剤薬局だからこその強みとは

医院開業をサポートする様々な業態の中で、継続的に患者様の来院状況を把握・分析できるのは私たち調剤薬局であるとの自覚があります。どの医療機関の患者様がどこから来ているのかといったリアルな診療圏の把握、開業から現在に至るまでの来院数の変化曲線など多くの情報が集まるのは調剤薬局に他なりません。

応需した処方箋がそのデータベースとなりますので、当然100%の精度ではありませんが、全国350店舗、連携医療機関は500超となる集合値を基に、診療科や開業形態による特性把握など、組織のナレッジとしての蓄積を行っております。

メンバーに必須の“医療マーケット判定力”

私たちが培ってきたノウハウのひとつに独自の医療マーケット判定力があります。医療機関様への来院状況を分析する中で距離による同心円型の診療圏調査では実際の医療マーケットが把握できないことを私たちは認識しています。

地域住民の生活動線を見極めることができなければ的確な診療圏を捉えられず、開業立地選定を見誤ってしまいます。この的確な診療圏と最新の情報による競合医療機関の分析、そしてエリア内の人口ボリュームなどを総合的に勘案し、診療科ごとの医療マーケットとしての判定がなされます。

私たちはこの医療マーケットへの判定力を徹底的に身につけています。これは私たちが医療のプレーヤーとして医院開業はあくまでスタートライン、開業後が本番であるという医療機関様と同じ目線すなわち「当事者意識」を持つことを考えれば至極当然のことといえます。

03

メンバー

  • 岡野 友仁
    医療モール開発・開業サポート担当
  • 中嶋 信善
    医療モール開発・開業サポート担当
  • 上田 茂夫
    医療モール開発・開業サポート担当
  • 荒木 英明
    医療モール開発・開業サポート担当
  • 平川 宗史
    医療モール開発・開業サポート担当
  • 井上 一登
    医療モール開発・開業サポート担当
  • 藤原 久義
    医療モール開発・開業サポート担当(関西)
  • 佐波 達也
    医療モール開発・開業サポート担当(関西)
  • 牧井 雄紀
    医療モール開発・開業サポート担当(関西)
  • 増田 大祐
    医療モール開発・開業サポート担当(関西)
  • 前川 真吾
    医療モール開発・開業サポート担当(東海)
  • 小泉 康司
    マーケティング・サポート
  • 能登谷 勝
    マーケティング・サポート
  • © ヒロカネプロダクション
    岡野 友仁
    医療モール開発・開業サポート担当

    ドクターのニーズを的確に把握し、最適な企画提案により、これまで多くの医療モール組成と医院開業サポートを実現。部のエースとして、医療モール開発チームのリーダとして日々奮闘する姿からは、すでに薬剤師の面影は感じられない。

  • © ヒロカネプロダクション
    中嶋 信善
    医療モール開発・開業サポート担当

    調剤薬局としていかに医療機関へのパートナーシップを発揮するかを念頭に、開業するドクターにおける“真の成功”を常に考え、親身に併走する頼もしい存在。調剤事業の東海・関西エリア責任者として多くの開業医との連携を陣頭指揮してきた経験から、集患施策をはじめ開業後の様々な経営課題にも精通。

  • © ヒロカネプロダクション
    上田 茂夫
    医療モール開発・開業サポート担当

    洗練された立ち居振る舞いは「顧客第一」をモットーに営業職として歩んできた20年間の賜物。店舗開発や人材サービス、アパレルなど幅広い業界知識・経験が医院開業という一生に一度のプロジェクトに成功をもたらします。

  • © ヒロカネプロダクション
    荒木 英明
    医療モール開発・開業サポート担当

    医院開業までの工程を精緻に、そしてリアルにプランニングすることで、イレギュラー発生時にも的確・柔軟に対応。特に内装工事領域を強みとし、ご提案物件への丁寧な説明は開業検討ドクターに“決断させる”何かをもたらします。内装費用の見積もりチェックなど、「ご要望があればぜひ」とは本人談。

  • © ヒロカネプロダクション
    平川 宗史
    医療モール開発・開業サポート担当

    小売店の店舗開発で培った、マーケッターとして地域住民の動線を見極める確かな眼を医療モールの開発事業でも応用。必要な場所に必要な施設を配置することが、住民に喜ばれる真の地域貢献との想いを胸に、ドクターへの開業サポートを行います。

  • © ヒロカネプロダクション
    井上 一登
    医療モール開発・開業サポート担当

    医薬品卸会社のMSとして様々なタイプ・診療科の医療機関と関わってきた経験を有す。医療機器の領域にも強く、実際に使用した医師の意見なども糧に、現職の開業サポートに従事。ドクターを中心に様々な業態の連携を生み出す術は、まさにMS時代の産物か⁉ 趣味が革靴磨きというお洒落サンでもある。

  • © ヒロカネプロダクション
    藤原 久義
    医療モール開発・開業サポート担当(関西)

    分厚い胸板同様に深い懐の持ち主。開業後も医院経営の相談を口実に多くの院長先生から「夜のオファー」が絶えない。相手の立場・視点に立ち、ともに課題解決に並走するスタンスで着実に信頼関係を構築する誠実な人柄。

  • © ヒロカネプロダクション
    佐波 達也
    医療モール開発・開業サポート担当(関西)

    学生時代に培ったバレーボールのセッター経験よろしく、「チーム・ファースト」を考えて行動する努力家であり、人の嫌がる仕事を厭わない縁の下の力持ちでもある。非常に温厚な性格で社内外に隠れファンの多い人気者。

  • © ヒロカネプロダクション
    牧井 雄紀
    医療モール開発・開業サポート担当(関西)

    土地活用など不動産領域の経験値が高く、「お客様の潜在的な課題の抽出と解決によるWin-Winの関係構築」をモットーとしている。ドクターのニーズや要望にマッチした“スルーパス”のような良質の物件提案を決めるため日夜奮闘。

  • © ヒロカネプロダクション
    増田 大祐
    医療モール開発・開業サポート担当(関西)

    モンスターズインクの『サリー』を彷彿とさせるキャラクターに違わず、安心感を与える開業サポートが持ち味。前職では医療機器メーカーの担当として人工心肺やカテーテルのオペにも立ち会うなど、医療業界で培った経験をフル稼働して業務に従事。「趣味のゴルフではフルスイングで飛距離を重視!方向はボールに聞いてください(笑)」

  • © ヒロカネプロダクション
    前川 真吾
    医療モール開発・開業サポート担当(東海)

    長年の医療業界におけるキャリアで培った幅広い人脈と抜群のコミュニケーション能力でドクターを中心とした医院開業プロジェクトチームを組成・牽引。コア業務である開業物件開発ではドクターのニーズを具現化すべく、東奔西走するなど、軽快なフットワークは健在。

  • © ヒロカネプロダクション
    小泉 康司
    マーケティング・サポート

    総務部門の経験を活かし、幅広い領域で開発担当者の業務をパックアップする、まさに縁の下の力持ち。日ごろはトレードマークのオールバックスタイルだが、なぜか内覧会ではさらさらヘア―で登場!

  • © ヒロカネプロダクション
    能登谷 勝
    マーケティング・サポート

    医療動向などのマクロ視点での調査・集計から提案書ライブラリーによるナレッジマネジメント推進など、担当者のサポートティング領域を担当。また開業物件情報の日々メンテナンスなど常に正しい情報の発信を心がけている。