ドクター開業相談専用ダイヤル

受付時間(平日)10:00〜17:00

03-3240-0253

医院開業コラム

開業のタネ

Caloo式 WSO(WEB集患最適化)

Caloo式 WSO(WEB集患最適化) 第4回

ホームページから増患につなげる「CRO対策」

  • 集患・マーケティング

2020.11.11

前回お話したとおり、ホームページからの増患にはSEO対策で流入を増やすことが重要です。ただ増やすだけではなく、流入した患者さんをうまく予約や電話といったCV(コンバージョン)につなげる「CRO(Conversion Rate Optimization)対策」をあわせて行うことも必要となります。

そこで今回は、CROの基礎知識と具体的な対策について解説します。

 

CVとCROの基礎知識

コンバージョンは「変換・転換」という意味で、WEB上における最終的な成果やゴールを指す単語です。クリニックのホームページでいえば、このコンバージョンは「予約サイトへの遷移」「予約フォームの入力完了」「電話」などへの流入数で計測されます。

このコンバージョンを高める、つまり自院のホームページに訪れた患者さんをうまく予約へとつなげるための施策が「CRO」です。「Conversion Rate Optimization」の頭文字をつなげた略語で、日本語では「コンバージョン率最適化」といいます。

※詳しくは第3回をご覧ください。
https://clinicstation.jp/column/1950

CROで1番大切なのは、「ホームページで患者さんが知りたい内容を、患者さんが求めている場所に配置する」ことです。「患者さんが知りたい内容」とは、以下のような項目を指します。

【全科目共通のもの】

  • 診療時間
  • アクセス
  • 診療科目

【手術や検査を行う科目】

  • 診療実績
  • 医療設備
  • 治療法

これらをTOPページに分かりやすく表示するだけでも、CVR(コンバージョン率)は改善します。では、どのようなポイントを押さえればよいのか、CRO対策の実例を挙げてご紹介していきましょう。

 

CRO対策に重要なホームページの改善ポイント

(さらに…)

これより先は、会員の方のみ
ご覧いただけます(登録無料)

この記事をシェアする

執筆者紹介

山本 純輝

山本 純輝
(やまもと じゅんき)

カルー株式会社 WEBマーケター

1993年京都府生まれ、2016年にカルー株式会社に入社。月間3,200万PVを誇る病院口コミ検索サイト「Caloo」での営業を経て、現在はHP制作やリスティング広告の運用など、WEBマーケティング全般を担当。

カルー株式会社のWebサイトはこちら

開業物件情報

無料の開業相談・お問い合わせ

ご相談だけではなく、医院構想の計画フェーズも親身にサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

無料の開業相談・お問い合わせ

無料個別相談会のお申し込み

無料個別相談会を随時開催しています。お電話もしくはオンラインで、コンサルタントに直接お話しいただけます。

無料個別相談会のお申し込み