ドクター開業相談専用ダイヤル

受付時間(平日)10:00〜17:00

03-3240-0253

医院開業コラム

開業のタネ

クリニック経営者のための医療ICT活用メソッド

クリニック経営者のための医療ICT活用メソッド 第46回

令和4年度診療報酬改定とICT化(2)

  • 医院開業のポイント

2022.03.14

前回に引き続き、「令和4年度診療報酬改定」とICT化についてお伝えしていきます。今年2月9日に行われた中央社会保険医療協議会(以下、中医協)の答申で、令和4年度診療報酬改定の具体的な点数が明らかとなりました。

今回の改定は「リフィル処方箋」の導入、「オンライン資格確認」の評価、「オンライン診療」の大幅な規制緩和と、クリニックに大きな変化をもたらす可能性のある内容が盛り込まれています。

そこで、答申書の「個別改定項目」の中から「リフィル処方箋」と「ICTの活用(オンライン資格確認、オンライン診療)」について解説します。

 

令和4年度診療報酬改定の答申

令和3年2月9日、中医協は厚生労働大臣の「諮問」に対し「答申書」を提出しました。答申書とは、中医協がこれまでの議論を整理し、具体的な点数が入ったものを「改定案」として厚労相に提出したものです。今後は3月初旬の「告示」をもって、ひとまず改定案が確定する形となります。

 

リフィル処方箋

今回の改定の目玉と言ってもよいのが「リフィル処方箋」です。これにより、症状が安定していると医師が認めた患者さんに対して、薬剤師による服薬管理のもと、処方箋を最大3回まで反復利用できる仕組みが初めて導入されることになります。

リフィル処方箋は始まったばかりであり、その判断を医師が行うことから、それほど影響はないのではないかという声もあります。しかしながら、リフィル処方箋はコロナ禍で求められてきた長期処方の是正の目的があると考えます。

(さらに…)

これより先は、会員の方のみ
ご覧いただけます(登録無料)

この記事をシェアする

執筆者紹介

大西 大輔

大西 大輔
(おおにし だいすけ)

MICTコンサルティング株式会社
代表取締役

一橋大学大学院MBAコース修了後、医療コンサルティングファーム「日本経営」入社。2002年に医療ITの展示場「MEDiPlaza」を設立し、3拠点の統括マネージャーに就任する。2013年「電子カルテ・クラーク養成講座」を開講。2016年に独立し「MICTコンサルティング」を設立する。現在は広島県にある穴吹医療福祉専門学校の非常勤講師を務め、過去3,000件を超える医療機関へのシステム導入の実績から、医師会、保険医協会などの医療系の公的団体を中心に講演活動および執筆活動も行う。また、診療所・病院のコンサルティングにおいて、看護師、リハビリスタッフ、事務員に対して、診療報酬点数、診療録の記載などの指導にも取り組んでいる。

MICTコンサルティング株式会社のWebサイトはこちら

関連記事

開業物件情報

無料の開業相談・お問い合わせ

ご相談だけではなく、医院構想の計画フェーズも親身にサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

無料の開業相談・お問い合わせ

無料の開業物件検索・お問い合わせ

長年のノウハウで「集患のできる物件」をご紹介。気になる物件がありましたら、個別にお問い合わせください。

無料の開業物件検索・お問い合わせ