ドクター開業相談専用ダイヤル

受付時間(平日)10:00〜17:00

03-3240-0253

医院開業コラム

開業のタネ

クリニック経営者のための医療ICT活用メソッド

クリニック経営者のための医療ICT活用メソッド 第44回

オンライン診療を徹底活用する

  • 医院開業のポイント

2022.01.12

20224月に予定されている診療報酬改定では、新型コロナウィルス感染症(以下、新型コロナ)の感染拡大で大幅に規制緩和された「オンライン診療」について、恒常化が検討されています。

実際に、1210日に公表された「令和4年度診療報酬改定の基本方針」においても、「初診を含めたオンライン診療について、患者ニーズを踏まえた適切な普及・促進を図る中で、安全性と信頼性の確保を前提に適切に評価」と明記されました。

そこで今回は、今後スタンダードな診療スタイルのひとつになることが予想されるオンライン診療とどのように向き合うべきか、その課題を整理しながら考えていきましょう。

コロナ禍の時限的対応の内容

コロナ以前、オンライン診療の点数は、慢性疾患患者や在宅患者の継続フォローを想定して設計されていました。しかし、新型コロナの流行の影響を受け、対象患者の制限が大幅に緩和。それに伴い、オンライン診療は電話等診療と同じような形で扱われることとなり、新患(初回)から対応可能に。また、管理料は引き上げられています。

具体的な点数の変化は以下の表の通りです。

表 オンライン診療、電話等診療、対面診療の点数比較

オンライン診療料の算定は、対面診療を3回実施した後に月に1回に限り可能。

恒常化検討の理由はシステムの普及と患者ニーズの拡大

コロナ禍で、オンライン診療および電話等診療の算定件数は大幅に増加しました。その背景には当然、オンライン診療システムを導入した医療機関が格段に増えたことがあります。また、実際にオンライン診療を受けた患者の多くは「自身や家族の感染予防の観点から、外出自粛要請が出ていなくても、できるだけ外出は控えたい」と考えているようです。さらに、「これまでの対面診療よりも時間が減った」などの好意的な意見も寄せられていることがわかっています。

こうした背景を受け、政府は「オンライン診療の患者ニーズは高い」と考え、これを機に恒常化してもよいのではないかという方向性になっているのです。

オンライン診療の利用が進まない原因

このように患者からの要望はあるものの、実際の現場ではなかなかオンライン診療の利用が進められないという状況もあります。感染者数が増加していたときは利用していたものの、収束に向かう中で停止した例もあるようです。オンライン診療が活発に利用されない原因は一体どこにあるのでしょうか。

その理由は、オンライン診療は対面診療より手間が大きい点にあります。ここで、オンライン診療と対面診療の流れを比較してみましょう。 (さらに…)

これより先は、会員の方のみ
ご覧いただけます(登録無料)

この記事をシェアする

執筆者紹介

大西 大輔

大西 大輔
(おおにし だいすけ)

MICTコンサルティング株式会社
代表取締役

一橋大学大学院MBAコース修了後、医療コンサルティングファーム「日本経営」入社。2002年に医療ITの展示場「MEDiPlaza」を設立し、3拠点の統括マネージャーに就任する。2013年「電子カルテ・クラーク養成講座」を開講。2016年に独立し「MICTコンサルティング」を設立する。現在は広島県にある穴吹医療福祉専門学校の非常勤講師を務め、過去3,000件を超える医療機関へのシステム導入の実績から、医師会、保険医協会などの医療系の公的団体を中心に講演活動および執筆活動も行う。また、診療所・病院のコンサルティングにおいて、看護師、リハビリスタッフ、事務員に対して、診療報酬点数、診療録の記載などの指導にも取り組んでいる。

MICTコンサルティング株式会社のWebサイトはこちら

開業物件情報

無料の開業相談・お問い合わせ

ご相談だけではなく、医院構想の計画フェーズも親身にサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

無料の開業相談・お問い合わせ

無料個別相談会のお申し込み

無料個別相談会を随時開催しています。お電話もしくはオンラインで、コンサルタントに直接お話しいただけます。

無料個別相談会のお申し込み