CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 事務長の報酬と評価

事務長の報酬と評価

前回は、事務長に必要な資質と能力についてお話しました。事務長は、何ができるのかよりも、人間性や共感という資質に重点を置くことが大切であることを、知っていただけたかと思います。今回は、採用した事務長の報酬と評価についてお伝えしていきます。

事務長の報酬は400万円~600万円が目安

通常のクリニックスタッフの報酬(給与体系)は、年次や能力(経験)に応じて上がっていくことが多いかと思います。また、有資格者(看護師や理学療法士など)は医療スタッフよりも高い給与で設定されているのではないでしょうか。全国約10万件あるクリニックの給与体系は、クリニックの求人ページや転職サイトなどで、ある程度「基準値」を知ることができますが、事務長となるとまずありません。なぜなら、事務長を採用しているクリニックが少なく、また複数の事務長を置いているところがないため、1人採用できれば掲載する必要がないからです。

また、事務長は看護師や理学療法士のように有資格者ではありませんが、応募してくる方はこれまでの職歴があり、ある程度社会人としての経験を有している人が多いと思われます。では、いくらの報酬で募集するのが良いのでしょうか。募集時の提示金額は「30代 400万円~600万円」といったように、幅を持たせた募集要項が良いと考えます。大きな病院の事務長であればそれ以上の給与水準があるかもしれませんが、クリニックの事務長は大病院ほど高くはありません。前職の経験や応募に対する意志の強さ、院長先生から事務長に求める仕事や成果に応じて決められると良いでしょう。

事務長の給与体系は「月給制」と「年俸制」の2種類

事務長の給与体系は2種類に分けることができます。一つはクリニックスタッフと同じように月給制であり、もう一つは年俸制です。この後の事務長の評価にも関係しますが、おススメは年俸制です。決められた定型業務より、都度成果を求められることが多い事務長職では、事務長自身が安定した金額を年間で保障されることやモチベーションにつながることで、クリニック側でも経営計画が立てやすくなります。

もちろん、年俸制のデメリットとして、業績や成果によって左右されることはきちんと説明しておかなければなりません。事務長採用時に、どちらにするのかを事前に決めておくまたは採用時に選択できるようにしておくことが必要です。

事務長の評価体系はクリニックスタッフとは別で考える

クリニックにおける事務長の立場は、一般企業に例えると「管理職」にあたると考えます。たくさんのスタッフと院長先生の橋渡しとして問題解決や情報収集を行い、また院長と一緒にクリニックの方向性を考え、達成に向けて動くことが求められています。

直接的にクリニックのオペレーションに入るわけではありませんが、経営業務の一翼を担うことも考えると、事務長に求めるものは「成果(結果)」にフォーカスすることが大切です。

事務長の給与基準を決めるには

院長が求める成果を出したかどうかを給与基準とすることで、事務長自身が責任を持って、院長と同じ考えで成果に向かって進んでいくことになるでしょう。クリニックスタッフとは違い、患者対応をルーティンで行う業務ではなく、前例がないことでも都度考えて業務として対応していかなければならないのです。

クリニックによって給与の見直し時期や人事考課が違うかと思いますが、事務長においても対象として、院長が求める成果を出しているか適宜すり合わせをすることが大切です。

成果に応じた評価を基準とすると、事務長自身が日々の業務に責任を持ち、成果相応の報酬が見込め、より成果が出やすくなる可能性があります。しかし、これまでの職歴の中で年俸制に慣れていない方もいるので、院長として事務長に何を求めているのかを明確に伝え、期待を含めて評価や報酬を決めることをおススメします。院長からの期待が大きすぎて求める成果を出せずに大幅な給与ダウンとなり、それがきっかけで退職する可能性もあるからです。

院長に必要なスキルは、直属の上司として事務長が成果を出した際には承認し、新たな責任を課して成功体験を積ませることです。院長の承認は評価につながり、さらに事務長のモチベーション向上につながります。お金だけではない報酬や評価も併せて制度化することで、持続的な事務長の成長が期待されます。

次回は、事務長を導入するタイミングについてお伝えいたします。

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

医療法人梅華会グループCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)
M.A.F(医療活性化連盟)事務局長
村上 英之(むらかみ ひでゆき)

グローバルホテルチェーンで10年間の勤務経験を経て医療業界へ転身。兵庫県西宮市を中心に8診療所を展開する「医療法人梅華会グループ」のマーケティング部門責任者として、集患やブランディングに従事。また、開業医コミュニティ「M.A.F(医療活性化連盟)」の事務局長として全国の医院経営者へ学びの場を提供している。

医療法人梅華会のWebサイトはこちら
M.A.F(医療活性化連盟)のWebサイトはこちら
※このコラムは、2019年11月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 翔和仁誠会流分院展開戦略
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール