CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 診療をスムーズにスピードアップする方法

診療をスムーズにスピードアップする方法

患者さんが増加するにつれ、待ち時間が増えてしまいます。これは果たして、やむを得ないことなのでしょうか。いまより診療をスピードアップできれば、時間あたりに診られる患者さんの数は増加し、それに伴って待ち時間は減少するのです。今回は、診療のスピードアップの方法について解説します。

スピードアップの秘訣は「問診」と「予診」にあり

診療といえば、診察、検査、処置などがイメージされますが、それ自体を早くすることは、あまり効果がありません。むしろ、短くすればするほど、患者さんの満足度は下がってしまいます。それよりも、これらの「つなぎ」の部分に注目してほしいのです。効果的にスピードアップを図る秘訣は、診察前の「問診」や「予診」にあります。

通常、患者さんが来院した際に、どのような症状で受診されたのかをあらかじめ知るために、問診票の記載をお願いしています。問診票の記載は「初診時だけ」という場合と「再診時」にもお願いしているというクリニックがあります。再診時に行うことで、前回とは別の症状で受診した場合に対応できますし、「予診」として別に看護師などが口頭で行っている場合もあるでしょう。これらの行為は、いずれも事前に患者さんのニーズを集め、適切な診察準備を行うためです。

問診票の目的は“症状から先回りして準備すること”

例えば、耳鼻咽喉科であれば、耳、鼻、喉の症状で来られますが、耳であれば聴力検査が必要になる可能性が高いです。聴力検査室は診療所では大抵1つしかありませんから、検査が集中すれば、待ち時間の増加につながります。しかし、事前に検査順番を把握しておくことで、検査待ちを緩和することが可能です。また、喉に違和感があれば、ファイバーで確認する可能性もあるので、ファイバーの準備も必要になります。

問診や予診から今日は診察だけなのか、検査も必要になるのかを事前に全スタッフが理解し、先回りをして準備しておくことが、スピードアップの秘訣なのです。

事前準備をスムーズに行うためには情報共有が必要

問診した内容を即座に行動に移すためには、問診票の内容の理解、そして情報共有が必要です。これは受付および看護師など部門間で協力して行う業務のため、定期的に疾患に関する勉強会を院内で開き、問診スキルや診療の流れを理解する活動を行っておくことが大切です。これを行うことで、全スタッフが問診に書かれた患者さんのニーズをスムーズに把握でき、共通イメージを持って事前準備を進められるようになります。

また、情報を部門間で共有するためには、電子カルテのメモ欄に記載したり、インカムで情報を流したりすることで、スムーズに情報伝達が行えるようになります。

クラークの導入で電子カルテ入力の負担が減少

医師が診療の合間に電子カルテに入力をする場合、この時間が案外、診療時間の延長につながっています。また、時間がないために、どんどん記載が少なくなってしまうこともあるでしょう。カルテの記載が減少することは、次回の診察へのつなぎという面でも良くなく、また監査などの際に、記載が少ないと指摘されてしまうかもしれません。

カルテは、やはりしっかり書きたいものです。電子カルテの入力に時間が取られたり、負担に感じたりしているならば、電子カルテの代行入力を行う「クラーク」の導入をお勧めします。クラークの育成には少し時間がかかりますが、育成ができれば、医師の負担軽減に大きく寄与できます。優れたクラークを配置している医療機関は、医師とクラークの連携により、診察が早くなることは間違いありません。

スピードアップにつながる体制づくりとは

その他にも、診療をスピードダウンさせる要因には、以下のものが挙げられます。

1. 書類作成で診察が止まる
急に紹介状(診療情報提供書)が必要になり、一時的に診察が止まるときがあります。これも、スピードダウンのひとつの要因です。診察が終わり、医師が書類を作成するという行動により、診察は止まらざるを得ないのです。この際も、クラークが有効に作用します。

クラークが診療時間中に先回りして書類を作ることができれば、医師は内容を確認するだけで済み、大幅な時間短縮につながります。昨今、医療機関や介護施設との連携が増え、年々書類も増加していますので、書類を代行作成する体制づくりも、スピードアップにつながるのです。

2. 予約で診察が止まる
定期的に受診が必要な疾患の場合、次回の予約を取ることになりますが、ここにもスピードアップの工夫が潜んでいます。医師が患者さんに「次回はいつ来られますか」と投げかけをすると、患者さんはそこから手帳を引っ張り出し、悩み始めます。次回の予定を即座に答えてくれる患者さんは、ほとんどいません。この予約調整の時間が長ければ長いほど、タイムロスにつながります。

しかし、予約業務は医師の代わりに受付や看護師が行うことが可能です。また、予約調整を行う場所も診察室内である必要はありません。誰がどこで予約調整を行うかを決めることで、医師は速やかに次の診察に取り掛かることが可能になるのです。診療スペースに余裕があるならば、2つの診察室を行き来する2診制をとることで、医師が隣の診察室に動くという方法も考えられます。

【図:診療スピードアップのポイント】

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

mr.oonishiMICTコンサルティング株式会社
代表取締役 大西 大輔(おおにし だいすけ)

一橋大学大学院MBAコース修了後、医療コンサルティングファーム「日本経営」入社。2002年に医療ITの展示場「MEDiPlaza」を設立し、3拠点の統括マネージャーに就任する。2013年「電子カルテ・クラーク養成講座」を開講。2016年に独立し「MICTコンサルティング」を設立する。現在は広島県にある穴吹医療福祉専門学校の非常勤講師を務め、過去3,000件を超える医療機関へのシステム導入の実績から、医師会、保険医協会などの医療系の公的団体を中心に講演活動および執筆活動も行う。また、診療所・病院のコンサルティングにおいて、看護師、リハビリスタッフ、事務員に対して、診療報酬点数、診療録の記載などの指導にも取り組んでいる。

MICTコンサルティング株式会社のWebサイトはこちら
※このコラムは、2019年10月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 翔和仁誠会流分院展開戦略
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール