CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 医療分野におけるクラウド技術の活用ポイント

医療分野におけるクラウド技術の活用ポイント

「地図」「経路案内」「メール」「スケジュール」など、我々は日常の中で、クラウドサービスを普通に利用できるようになりました。医療分野でもクラウドコンピューティングが2010年に解禁され、早9年が経とうとしています。いよいよ、本格化する医療分野でのクラウド技術の活用に注目が集まっているのです。

クラウドの活用より多方面へ期待が広がる

クラウドを活用することのメリットとして、真っ先に頭に浮かぶのは「低価格化」でしょう。システムを医療機関が個別に保有するのではなく、複数の医療機関でシェアすることで、導入コストが下げられるのではないかと期待されています。

低価格化を実現する背景には、開発のプラットフォームの統一化があります。統一化により、開発コストの低減が期待でき、サポート面でも企業内にあるサーバをメンテナンスする形になるため、サポート拠点を多く保有する必要がなくなるのです。これらのことから、他業種から医療業界への新規参入が進んでいます。

また、インターネットの環境さえあれば、どこでもシステムを利用できます。その上、自由に端末を選べることも、クラウドへの期待として大きいのではないでしょうか。さらに、システム間連携も、クラウド技術の普及によって技術の共通化(API連携)が進み、システム同士の連携がスムーズになるのではないかと期待されています。

利用する前に不安要素の確認が必要

一方、クラウド活用の不安点としては「セキュリティ面」が真っ先に挙げられます。例えば、情報の漏洩や悪意のあるハッキングなどに対して、どのように対策が行われているのか不安を感じる人も多いでしょう。

また、クラウドサービスはインターネット接続を基本としていますので、ネットのトラブルで使用できなくなるのではないか、スピードが落ちてしまうのではないかと考える方もいらっしゃるかと思います。これらの不安については、サービス利用前に十分な確認が必要です。クラウドの活用における主な期待点・不安点を、以下にまとめました。

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

  • 新規会員登録
  • カレッジ分院展開2019 大阪
  • カレッジ分院展開2019 東京
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール