CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 電子カルテにおけるメディカルクラークの育成ポイント

電子カルテにおけるメディカルクラークの育成ポイント

「生産性向上」と「業務効率化」は目指すゴールが異なる

生産性向上と業務効率化は、よく意味を混同しがちです。生産性向上とは「投下されるリソースに対して、成果をより高める」という意味です。一方で、業務効率化とは「これまでの業務をより早く、より低コストで行うこと」を指します。

生産性を向上するためには、成果に直結するコア業務に特化して取り組むことが必要です。そのためには、ノンコア業務にリソースを割かないことが大切になります。つまり、生産性向上と業務効率化は、それに取り組む目的、ゴールが異なるというわけです。

では、なぜ今生産性に注目が集まっているのでしょうか。その背景には、我が国の労働人口が減少傾向にあるにもかかわらず、長時間労働を前提として働くことを善しとする社会構造があります。そのため、短時間で高い成果を実現できる社会に変わる必要があると考えられているからです。

医療の世界で生産性を高めるには?

医療の世界では、どうすれば生産性を向上できるのでしょうか。私は「生産に直結する」コア業務と「生産に直結しない」ノンコア業務を明確にして、いかにコア業務に集中できる環境を整備できるかが鍵であると考えています。

現在、生産性を高める手法として、ICT、AIなどといった技術の導入・活用に注目が集まっています。しかしながら、これらを導入することは手段であり、それを活用する“ヒトの教育”も忘れてはならないと考えます。そこで、電子カルテのクラーク運用について考えてみましょう。

電子カルテとクラークのタッグで生産性向上を実現

電子カルテにおけるクラーク運用は、医師の負担軽減、医師が診療に集中する環境整備を目的としています。このことを「生産性向上」という意味から考えると、医療においてリーダー役である医師は、チームを率いるマネージメントを行う立場です。医師を電子カルテ入力などの事務作業から解放し、チームマネージメントに徹することを可能とするのが、電子カルテのクラーク運用であると考えます。

またクラーク運用では、受付スタッフを診察室に再配置することで成果に直結する業務(診療業務)に関わる人員を増やし、医師の業務を再配分することで生産性の向上を図ろうとしています。電子カルテは従来、業務効率化のツールと意味付けられていました。しかしながら、電子カルテとクラークを組み合わせることで、「生産性向上」を実現できる仕組みへと生まれ変わるのです。

育成は手順だけではなく、一連の流れを教えることが大切

クラークのメイン業務である「電子カルテの代行入力」は、一気にスキルアップすることが難しい業務です。たとえば、クラーク候補生を医師の横に座らせて「さあ、やってみましょう」と言っても、何を入力すれば良いのかわかりません。また、あらかじめ手順を教えて「同じようにやってみて」と言っても、見様見真似では単に操作方法を覚えただけで、応用が利きません。このやり方で進めても、クラーク候補生は戸惑うばかりで、なかなか育たないのです。

医師が期待する適切なカルテを書くためには、「疾患」「医療行為」「診療報酬」の3つの事柄が、頭の中でつながっていなければなりません。クラークは、これらを一つ一つしっかりと理解する必要があるのです。たとえば、鼻汁を訴える患者に対して、医師は診察をしながら花粉症や急性鼻炎、その他の症状があれば副鼻腔炎などの病気を疑い、投薬するか、注射をするかなど、どのように治療していくかを考えます。

そして、診療報酬ルールに則って、算定できる点数を計上していくといった一連のストーリーを、カルテに書けなければならないのです。この流れを教えることが、カルテの書き方の基礎を教えることになります。

定期的なフィードバックが医師とのシンクロ率を上げる

このような話をすると、教える側の人間の場合、忙しい診察の中で説明をするのはとてもできそうにないと考えてしまうかもしれません。しかしながら、かつて医療事務が手書きのカルテを見ながらレセコンに入力していた業務と、本質は変わらないと私は考えています。医療事務をしていた者ならば、十分な素地があるのです。

電子カルテの代行入力業務は、以下の4つに整理できます。
➀医師がどのように診察したか(主訴・所見)
➁どのように診断を下したか(評価・病名)
➂どのような治療を選択したかを理解しているか
➃カルテとして記録に残す

クラークは、日々さまざまな患者の診療現場に立ち会うことで、医師の考えに近づく経験を積むことができます。それを続ければ、おのずと医師とのシンクロ率(同期率)が高まり、記載が充実するのはもちろんのこと、先取りが可能になります。これを進めるためには、診察ごとの定期的なフィードバックが大切です。空いている時間帯に医師が診療の解説を根気強く行っていくことで、シンクロ率は高まっていくのではないかと思います。

【電子カルテクラーク育成プログラム】

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

mr.oonishiMICTコンサルティング株式会社
代表取締役 大西 大輔(おおにし だいすけ)

一橋大学大学院MBAコース修了後、医療コンサルティングファーム「日本経営」入社。2002年に医療ITの展示場「MEDiPlaza」を設立し、3拠点の統括マネージャーに就任する。2013年「電子カルテ・クラーク養成講座」を開講。2016年に独立し「MICTコンサルティング」を設立する。現在は広島県にある穴吹医療福祉専門学校の非常勤講師を務め、過去3,000件を超える医療機関へのシステム導入の実績から、医師会、保険医協会などの医療系の公的団体を中心に講演活動および執筆活動も行う。また、診療所・病院のコンサルティングにおいて、看護師、リハビリスタッフ、事務員に対して、診療報酬点数、診療録の記載などの指導にも取り組んでいる。

MICTコンサルティング株式会社のWebサイトはこちら
※このコラムは、2019年2月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール