ドクター開業相談専用ダイヤル

受付時間(平日)10:00〜17:00

03-3240-0253

医院開業コラム

開業のタネ

クリニック経営者のための医療ICT活用メソッド

クリニック経営者のための医療ICT活用メソッド 第52回

電子処方箋のメカニズム

  • 医院開業のポイント

2022.09.08

2023年1月より「電子処方箋」が始まります。電子処方箋は、政府が進める「医療DX」において、オンライン資格確認の次に来る仕組みです。医療機関・薬局は、オンライン資格確認同様、準備が求められます。そこで今回は「電子処方箋の仕組み」について解説します。

 

電子処方箋の仕組みと流れ

「電子処方箋」は、その名の通り、紙の処方箋をデジタルベースでリアルタイムにやり取りする仕組みです。現在構築中の「オンライン資格確認」のネットワークを利用し、「電子処方箋管理サービス(以下、管理サービス)」を通して、医師・歯科医師・薬剤師間で処方箋をやり取りすることになります。

基本的な流れとしては、以下の通りです。

①診療所・病院の医師が処方箋を「管理サービス」にアップロード
②薬局の薬剤師がその処方箋を薬局システム(レセコン等)に取り込み、薬を調剤
③薬局の薬剤師が薬を調剤した結果を「管理サービス」にアップロード

アップロードされた薬剤情報は「管理サービス」に蓄積され、患者さんのマイナポータルや、それと連携した電子お薬手帳で閲覧できるようなります。

 

医療情報を全国で共有する必要性とは

電子処方箋が開始される背景には、コロナ禍で露呈した我が国における医療分野のデジタル化の遅れに対する危機意識があります。政府は、早急に全国で医療情報をやり取りできるプラットフォームを構築したいと考えているのです。そもそも「医療情報」を全国でやり取りするためには、全国の医療機関・薬局を結ぶ安全なネットワークが必要です。

そのため、2021年10月より「オンライン資格確認」の運用が本格的に開始されました。その次のプロセスとして、2023年1月開始予定の「電子処方箋」があります。オンライン資格確認の仕組みを利用して、処方箋の医薬品データを医療機関・薬局・患者間で連携できるようにすることで、医療の質向上および医薬品の効率的使用につながるとされています。

 

医療機関・薬局における「電子処方箋」のメリット

では、「電子処方箋」のメリットについて考えてみましょう。

(さらに…)

これより先は、会員の方のみ
ご覧いただけます(登録無料)

この記事をシェアする

執筆者紹介

大西 大輔

大西 大輔
(おおにし だいすけ)

MICTコンサルティング株式会社
代表取締役

一橋大学大学院MBAコース修了後、医療コンサルティングファーム「日本経営」入社。2002年に医療ITの展示場「MEDiPlaza」を設立し、3拠点の統括マネージャーに就任する。2013年「電子カルテ・クラーク養成講座」を開講。2016年に独立し「MICTコンサルティング」を設立する。現在は広島県にある穴吹医療福祉専門学校の非常勤講師を務め、過去3,000件を超える医療機関へのシステム導入の実績から、医師会、保険医協会などの医療系の公的団体を中心に講演活動および執筆活動も行う。また、診療所・病院のコンサルティングにおいて、看護師、リハビリスタッフ、事務員に対して、診療報酬点数、診療録の記載などの指導にも取り組んでいる。

MICTコンサルティング株式会社のWebサイトはこちら

関連記事

開業物件情報

無料の開業相談・お問い合わせ

ご相談だけではなく、医院構想の計画フェーズも親身にサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

無料の開業相談・お問い合わせ

無料の開業物件検索・お問い合わせ

長年のノウハウで「集患のできる物件」をご紹介。気になる物件がありましたら、個別にお問い合わせください。

無料の開業物件検索・お問い合わせ