CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 「センター試験廃止!笑うのは誰か!?」前編  ~変化の裏に隠された最も大切なこと~

aisei_cover_02

「センター試験廃止!笑うのは誰か!?」前編  ~変化の裏に隠された最も大切なこと~

こんにちは、藤崎です。

「2020年に大学入試センター試験を廃止し、『大学入学希望者学力評価テスト』(仮称)を開始する」と文部科学省が掲げ、現在中学1年生のお子様から、新試験制度で戦うこととなることは、新聞などでご存知のことと思います。何がどう変わるのか。そして、それに対して、いつから、どう準備すればよいのか。最重要ポイントのみお伝えしてまいります。必ず後編までご覧ください。

新制度における5大改革

まず、この改革における事の発端には「1点刻みの一発勝負である現在のセンター試験では不公平だ!」という声が背景にあります。過酷な試験勉強を勝ち抜き、現在に至っている皆様からすれば「それが受験じゃないのですか?」など、この変革自体に対する賛否両論は尽きません。しかしながら政治で決まったことは、覆ることはありません。変わるとすれば「ゆとり教育」のように、10年以上実施してみて見直しとなる形です。その頃にはわが子の受験は終了しているのですから、賛否を問うている場合ではありません。その変化が何を生み、何を準備しなくてはいけないのか、はっきりさせる必要があります。

<押さえておきたい5大改革>

    • ①センター試験を廃止して、「大学入学希望者学力評価テスト」(仮称)を年複数回実施する。
    • ②テストの成績は段階別に示す。各大学の個別試験は、小論文や面接、高校の調査書などにより総合的に選抜する。
    • ③教科の枠を超えた「合教科・科目型」「総合型」の問題も出題する。
    • ④英語は「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合評価できる問題や、民間試験を導入。
    • ⑤基礎的な学習の達成度を総合確認する「高等学校基礎学力テスト」(仮称)も導入して、年複数回行う。

これらの変革により、具体的にどのような状況が想定されるのか見ていきましょう。

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール