CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. ホームページから増患につなげる「CRO対策」

Caloo式 WSO(WEB集患最適化)

ホームページから増患につなげる「CRO対策」

前回お話したとおり、ホームページからの増患にはSEO対策で流入を増やすことが重要です。ただ増やすだけではなく、流入した患者さんをうまく予約や電話といったCV(コンバージョン)につなげる「CRO(Conversion Rate Optimization)対策」をあわせて行うことも必要となります。

そこで今回は、CROの基礎知識と具体的な対策について解説します。

CVとCROの基礎知識

コンバージョンは「変換・転換」という意味で、WEB上における最終的な成果やゴールを指す単語です。クリニックのホームページでいえば、このコンバージョンは「予約サイトへの遷移」「予約フォームの入力完了」「電話」などへの流入数で計測されます。

このコンバージョンを高める、つまり自院のホームページに訪れた患者さんをうまく予約へとつなげるための施策が「CRO」です。「Conversion Rate Optimization」の頭文字をつなげた略語で、日本語では「コンバージョン率最適化」といいます。

※詳しくは第3回をご覧ください。
https://clinicstation.jp/topics/5838/

CROで1番大切なのは、「ホームページで患者さんが知りたい内容を、患者さんが求めている場所に配置する」ことです。「患者さんが知りたい内容」とは、以下のような項目を指します。

【全科目共通のもの】
・診療時間
・アクセス
・診療科目

【手術や検査を行う科目】
・診療実績
・医療設備
・治療法

これらをTOPページに分かりやすく表示するだけでも、CVR(コンバージョン率)は改善します。では、どのようなポイントを押さえればよいのか、CRO対策の実例を挙げてご紹介していきましょう。

CRO対策に重要なホームページの改善ポイント

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • Caloo式WSO
  • 翔和仁誠会流分院展開戦略
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール