CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. ウィズコロナ・アフターコロナにおけるクリニック・分院経営

翔和仁誠会流 分院展開戦略 ~勝利のための10ラウンド~

ウィズコロナ・アフターコロナにおけるクリニック・分院経営

本コラムも今回で最終回となりました。これまで拙文をお読みいただき、ありがとうございました。

さて、2020年2月に日本でも新型コロナウイルスの感染が拡大し、その後4月7日に史上初となる緊急事態宣言が発令されました。私が本院を開院した2002年以降、これまでSARS(重症急性呼吸器症候群)や新型インフルエンザの流行、リーマンショックや東日本大震災によるスタグフレーション(経済不況)が起きたものの、我々医療業界の経営には取り立てて大きな影響がなかっただけに、今回の新型コロナウイルス感染拡大は私も初めて直面する経営危機となりました。

そして、新型コロナウイルスの感染拡大により、全国の多くの医療機関が減収しました。その中で最も影響の大きかった診療科目が耳鼻咽喉科と小児科であったことは、多くの報道の通りです。これらの診療科目をメインとする当法人も、保険診療点数で3月には前年同月比3割減、4月は同6割減と、御多分に洩れず大きな減収となりました。読者の先生方も程度の差はあっても、当法人と同じように新型コロナウイルスの影響を受けられたと想像しています。

また、感染症予防のために医療機関の「受診控え」が新たなトレンドとなりました。このトレンドは当面の間継続することが予想されますので、今後のウィズコロナ・アフターコロナにおけるクリニック・分院経営については、読者の先生方も大きな関心をお持ちのことだと思います。

そこで、最終回では、当法人が感染拡大下で行った危機管理策と、ウィズコロナ・アフターコロナにおける当法人の経営戦略について、紹介したいと思います。

感染拡大下で行った当法人の危機管理策

保険診療点数(すなわち、我々医療機関の主売上)の大幅な減収という未曽有の事態に直面した当法人では、感染拡大がいつ収束するか分からない状況でもあったことから、経営の継続性とそれによる従業員の雇用確保を実現するため、感染が拡大しつつあった3月より早々に危機管理策の実施を開始しました。

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • Caloo式WSO
  • 翔和仁誠会流分院展開戦略
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール