CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 医師採用を成功へ導く「ミッション、ビジョン、バリュー」

医師採用を成功へ導く「ミッション、ビジョン、バリュー」

「良い先生」に来てもらうために、まずどんな準備をすべきなのか。今回は医師採用の各論ではなく、より本質的な採用のあり方について、組織の「ミッション、ビジョン、バリュー」をテーマに考えていきます。

先日、「クリニック経営講座・分院展開戦略」というセミナーで、分院展開のための“医師採用力”についてお話した際、参加された理事長/院長/事務長の方々から特に反響が大きかったのが、組織の「ミッション、ビジョン、バリュー(略してMVV)」についてです。MVVは、いったいどのように医師採用へ影響するのでしょうか。

組織における「ミッション、ビジョン、バリュー」とは

【言葉の意味】
・ミッション(Mission):組織が果たすべき使命や存在意義
・ビジョン(Vision):組織の将来のありたい姿
・バリュー(Value):組織が持つ共通の価値観

昨今、企業ではMVVを定めることが一般的になりましたが、医療業界では法人も個人もまだまだこれからのようです。例として一般企業のMVVを見てみましょう。

(例1)ソフトバンクグループ株式会社
・ミッション:情報革命で人々を幸せに
・ビジョン:世界の人々から最も必要とされる企業グループ
・バリュー:努力って、楽しい

(例2)株式会社リクルートホールディングス
・ミッション:まだ、ここにない、出会い。より速く、シンプルに、もっと近くに。
・ビジョン:Follow Your Heart
・バリュー:新しい価値の創造、個の尊重、社会への貢献

(例3)株式会社セントメディア
・ミッション:人と企業をポジティブに変革するチェンジエージェント
・ビジョン:カテゴリー特化・インストアシェアNo.1
・バリュー:Believe in Your Possibility -可能性を信じる-

いずれもその企業の姿勢や考え方が分かる言葉が選ばれており、社外へのアピールだけでなく、社内で従業員が自らの行動を決めるための基準として機能しています。いわば組織の魂ともいえるMVV。この機会に身の回りの組織のMVVに関心を持っていただけると、よりその組織への理解が深まり、自院のMVVを定める際の参考にもなるのではと思います。

人材要件を言語化して共通の基準を設ける

次に、医師採用への影響についてです。人材要件とは、医師の採用で「どんな先生が欲しいか」ということを指します。「とにかく良い先生が欲しい!」という気持ちは皆同じですが、それだけだと採用する側の自院のスタッフも、求人を依頼された紹介会社など社外の方も戸惑ってしまいます。もう少し採用する対象を狭められる情報を考える、それが人材要件です。

人材要件の一例として、我々紹介会社の担当がよく要望される「普通のコミュニケーションが取れる先生」という表現について見ていきましょう。

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • 梅岡先生出版記念講演会東京・秋葉原
  • スタートアップセミナー大阪
  • スタートアップセミナー名古屋
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール