CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 欧米と日本、保険診療と自由診療の違いによるクリニック設計のパターン

欧米と日本、保険診療と自由診療の違いによるクリニック設計のパターン

今回は、日本の保険診療のクリニックで多く見られる『患者移動型のクリニック』の設計と、欧米のクリニック、および日本では主に自由診療による美容系・AGA・EDなどのプライバシーが優先される診療を行うクリニックに見られる『医師(職員)移動型のクリニック』の設計の違いについて考えてみたいと思います。
なお、今回のテーマは、事前に第3回『大きな医療機関と小さな医療機関』をお読みいただくと、よりイメージしやすくなるかと思います。ぜひ併せてチェックしてみてください。

欧米の方々が抱く日本のクリニックへの不満

私は新型コロナウイルス感染症の感染拡大を機に、日本と海外のクリニックにおける建築や内装の特徴、それぞれの感染対策や設計の違いについて調査を行っています。その中でわかってきたのは、欧米の方々の多くが、日本のクリニックに対して、「待ち時間が長い」「プライバシーが守られていない」「感染対策ができていない」といった不満をもっているということです。
この点を詳しく調べると、その不満の原因は、母国で利用されていた一般的なクリニック(いわゆる「かかりつけ医」)と日本のそれとでは、制度やオペレーションなどのソフト面だけでなく、待合室の構造や動線計画といったハード面にも違いあることがわかってきました。

一例を紹介すると、日本のクリニックでは、患者さんは広い待合室で自分以外の多くの方々と一緒に待機し、順番が来たら医師の待つ診察室に行くのが一般的です。一方、欧米では受付が終わると待合室ではそれほど長く待たされず、早めに複数ある個室(診察室、処置室)のうちの一つに通され、そこで看護師や医師が来るのを待つというスタイルが多いのです。

西洋人は東洋人よりもプライバシーに対して意識が高い傾向にあると言われており、そこにきて母国では経験してこなかった方法(何らかの病気に罹患している人々と一緒に、長時間にわたって待機する)で待たされては、不満や不安が大きくなるのは想像に難くないでしょう。

私たちは、今の日本のクリニックのスタイルが「当たり前」と考えがちですが、時代や場所、制度が変われば、当たり前ではなくなります。クリニックの設計を考えるうえでも、このことをしっかり意識しておかなければなりません。

『患者移動型』と『医師(職員)移動型』

私は患者さんが待合室で他の患者さんたちと一緒に待って、順番が来たら医師の待つ診察室に行く設計を『患者移動型』(図1)と、患者さんが待合室では長時間待たず、早めに個室(診察室、処置室)に移動して医師や看護師を待つ設計を『医師(職員)移動型』と(図2)呼んでいます。

患者移動型クリニックの例
(図1)患者移動型クリニックの例

医師(職員)移動型のクリニックの例
(図2)医師(職員)移動型のクリニックの例

なお、第3回の『大きな医療機関と小さな医療機関』で、線型と面型の設計についてお話ししましたが、日本における一般的なクリニックの設計は、面型も線型も、基本的には『患者移動型』です。

『患者移動型』は、医師や職員の移動距離・時間を減らせるため、少ない職員数でも作業効率を向上でき、テナントの面積効率も上がる傾向にあります。しかし、患者さんのソーシャルディスタンスやパーソナルスペースなどを確保するのが難しくなるのがデメリットです。

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • 医院開業に関する無料相談お申し込み受付
  • スタートアップセミナー大阪
  • スタートアップセミナー名古屋
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • クリニック創りの羅針盤
  • Caloo式WSO
  • 翔和仁誠会流分院展開戦略
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール