CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 医療現場におけるスマートデバイスの活用

医療現場におけるスマートデバイスの活用

iPadやSurfaceなど、さまざまなスマートデバイスの利用が一般化しています。スマートフォン(以下スマホ)を含め、スマートデバイスは医療現場が求めている「簡単」「速い」「軽い」を兼ね備えているデバイスであると、大きな期待が寄せられているのです。そこで、今回はスマートデバイスの活用について解説します。

ここ10年でスマホ・タブレットが急激に普及

Apple社が初代iPad を発売した2010年から、10年が経過しました。その間にWindowsはSurfaceを発売し、AndroidのOSを搭載したタブレット端末が多く販売されています。

タブレット端末は、この10年で一気に普及しました。総務省の情報通信白書(令和元年)によると、2018年時点で主要デバイスは、スマホが79.2%、パソコンが74.0%、タブレット端末が40.1%となっています。この表からも、スマホとタブレット端末が急激に普及してきていることが分かります。

出典:総務省『情報通信白書(令和元年版)』

IT化を推進する“スマートデバイス”とは

一般的に、スマホやタブレット端末などを総じて「スマートデバイス」と呼びます。医療分野でも、現場で使えることから長らく注目されてきました。その理由は、“スマートデバイスの操作性が医療機関のIT化を推進させること”が期待されるからです。スマートデバイスは、これまでPC操作に難色を示していた医療従事者の考えを変える可能性を持っています。

医療現場において、デバイスは①簡単であること➁持ち運びがしやすいこと③速いことなどが求められます。誰でも簡単に操作できるのは当然であり、“ながら作業”が多い医療現場では、小型・軽量であることや、立ち上がりが速いことにも好感が示されます。

そのため、パソコンに多くのアレルギーがあった医療現場にとって、スマートデバイスは「待ちに待った端末」として歓迎されたのです。では、医療の現場でどのように活用しているのか、具体的に見ていきましょう。

医療現場におけるスマートデバイスの活用例

スマートデバイスの活用シーン① 電子カルテ
診療所の基幹システムである電子カルテでは、カルテ記載など入力作業が多い場合はパソコンで、カルテ・検査結果・指示箋の閲覧だけならタブレットで、というような使い分けが見られます。具体的には、看護師の病棟業務や透析室、検査室などで、タブレットが使われることが多くなっているのです。

スマートデバイスの活用シーン➁ 患者説明
医師はタブレットを患者説明用端末とし、電子カルテとは別に使っています。従来、電子カルテはインターネットにつなげないことが原則であったため、インターネットにつながるタブレットが重宝されたと考えられます。しかし、今後は電子カルテもクラウドの時代になり、電子カルテをインターネットにつなぐことが一般的になれば、電子カルテも患者説明もタブレットで行う時代が来るのは、それほど遠い未来ではないでしょう。

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • Caloo式WSO
  • 翔和仁誠会流分院展開戦略
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール