CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 昨今に見る診療所の研修事情

昨今に見る診療所の研修事情

診療所を取り巻く環境の変化によって、院内で行うOJTから外部の研修受講を活用するケースが増えてきました。そこで今回は、診療所の研修事情や研修内容を解説するとともに、最近増加しているeラーニングの注意点も合わせて説明します。

研修ニーズが増加した背景とは

昨今、診療所から「スタッフを教育してほしい」という問い合わせが増えています。従来、診療所などの医療機関における教育はOJT(On-the-Job Training)によるものが多く、外部に委託することは多くなかったように感じます。

OJTとは、業務時間中に先輩スタッフが研修を行うものです。しかし、これは教える側に大きな負担を強いることになり、「研修時間が取れないことで新人スタッフがうまく育てられない」といった、教える側のストレスとなっていました(新人スタッフもおそらくストレスになっていたことでしょう)。そういった過去の反省から、外部に研修を委託する診療所が増えてきているのかもしれません。

また、我が国は急速に少子高齢化が進み、労働人口の急減から人手不足の波が診療所にも及んでいます。さらに、医療業界は全体的に離職率が高いという統計も。せっかく採用した人材の早期離職を防ぐために、診療所はスタッフの教育でつなぎ留めたいと考えているのかもしれません。

診療所ではスタッフの採用ルートが変化

診療所に勤務するスタッフは、看護師や放射線技師、臨床検査技師、PT、OT、STなどの資格職と、医療事務や看護助手などの非資格職から構成されます。

診療所の採用ルートから考えると、看護師などの資格職はほとんどが中途採用で、新卒はあまり見られません。大抵は、病院か他の診療所の勤務経験を経て、診療所に就職される方がほとんどです。そのため、病院でしっかりとキャリアを踏んでいる資格職は、研修ニーズはあまりないように感じます。

一方、非資格職には、中途採用者と医療事務専門学校を卒業した新卒採用者が混在します。中でも、最近増えているのが他業種からの転職組です。医療業界が初めて、というスタッフも、多く見かけるようになりました。他業種からの転職組は、社会人としてのルールは身についているものの、医療機関特有のルールについては知識不足の面が目立ちます。そのため、研修が必要になってきているのかもしれません。

診療所に向けたスタッフ研修の実例

実際、研修依頼は多岐にわたります。以下は、筆者が実際に依頼を受けた研修内容の一例です。筆者の過去の経験に基づくものになるため偏りがありますが、いかに現場で人材育成に困っているのかが分かります。

<主な診療所向け研修一覧>
・医療機関の仕組み、医療業界構造
(医療機関の目的、医療機関の構造、医療業界における診療所の役割)

・医療制度・医療政策
(過去の医療制度・医療政策の変遷)

・診療報酬
(診療報酬の仕組み、請求事務、レセプトチェックのポイント)

・在宅医療の仕組み・在宅報酬
(在宅医療とは、在宅報酬の算定ルール)

・医療クラーク
(電子カルテの仕組み、電子カルテの代行入力、書類の代行作成)

・接遇・コミュニケーション
(医療機関の接遇、コミュニケーション、チームワーク)

・個人情報法保護・セキュリティ
(医療機関における個人情報の取り扱い、セキュリティ対策)

診療所において、研修を行う際に「スタッフ全員で受講したい」というニーズが多くありますが、これが大きなハードルになっています。基本的に、診療所はシフト制を採用していることが多く、全員の時間を合わせるのは大変です。

また、研修を行う時間帯についても、診療時間中は当然無理なため、お昼休みか診療終了後の夜、あるいは休診日に出勤してもらって研修することになります。診療所によっては、毎月研修日を決めて実施しているところもあります。スタッフは主婦であることが多く、時間の制約も あることから、研修時間は1時間から2時間が限界といえるのではないでしょうか。

eラーニングの効果的な研修方法

研修方法としては、診療所に外部の研修員が訪問して行うか、研修機関が開催している集合研修に参加することになりますが、最近ではeラーニングで実施するケースも増えてきています。eラーニングでの研修とは、事前にビデオ撮影した研修内容を、ネットを通して診療所のスタッフが受講するものです。先に挙げたように、研修時間の制約がある診療所にとって、この方法は有効ではないかと考えられています。

eラーニング研修は、スタッフの空き時間に自主的に受講をすることになりますが、その研修時間を労働時間に含める必要があるかという問題が生じてきます。日々の残業にも上限規制がある現在では、誰もが働き方にナーバスになっており、「自らの能力開発なのだから費用は発生しない」という考え方は、以前よりも通用しない時代となっています。そのため、勤務外の研修の取り扱いには注意が必要です。

また、研修受講に対する姿勢も人それぞれですから、eラーニングを自主的に行ってもらう場合は、定期的な進捗確認(テストや感想文の提出)が重要になります。時間の制約から解放されるeラーニングですが、明確な目標がなければなかなか成果が出ないことも事実ですので、注意してください。

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

mr.oonishiMICTコンサルティング株式会社
代表取締役 大西 大輔(おおにし だいすけ)

一橋大学大学院MBAコース修了後、医療コンサルティングファーム「日本経営」入社。2002年に医療ITの展示場「MEDiPlaza」を設立し、3拠点の統括マネージャーに就任する。2013年「電子カルテ・クラーク養成講座」を開講。2016年に独立し「MICTコンサルティング」を設立する。現在は広島県にある穴吹医療福祉専門学校の非常勤講師を務め、過去3,000件を超える医療機関へのシステム導入の実績から、医師会、保険医協会などの医療系の公的団体を中心に講演活動および執筆活動も行う。また、診療所・病院のコンサルティングにおいて、看護師、リハビリスタッフ、事務員に対して、診療報酬点数、診療録の記載などの指導にも取り組んでいる。

MICTコンサルティング株式会社のWebサイトはこちら
※このコラムは、2020年1月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 翔和仁誠会流分院展開戦略
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール