CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. クリニックリーダーと事務長の違い

クリニックリーダーと事務長の違い

前回は、院長と事務長の関係についてお話しました。今回は「クリニックリーダーと事務長との違い」についてお伝えいたします。

事務長とクリニックリーダーの業務は大きく異なる

多くのクリニックは院長とスタッフで医療サービスを行っており、事務長を据えているクリニックはあまりありません。なぜかというと、事務長は直接患者さんへの医療サービスを行うことがないため、院長自身が事務長について明確なイメージができていないからです。しかし、院長1人ですべてのマネジメントを行うことは難しく、このような場合にはスタッフの中から「クリニックリーダー」と呼ばれるスタッフを選びます。

クリニックリーダーの役割は、スタッフをまとめ、院長が関わらなくてもよい部分をマネジメントすることによって、スムーズな診療を構築することです。また、スタッフからの相談をまず受けるなど、院長とスタッフとの橋渡しも担います。しかし、経営業務を行うことはほとんどありません。この経営業務を行うのは、事務長の役割になります。ここが、クリニックリーダーと事務長との違いなのです。

院長が診療をしている時間は経営業務が止まってしまいますし、診療をしているということは、クリニックリーダーやスタッフも患者さんの対応を行っています。どちらも医療サービスに徹している中で、経営業務はできません。また、院長自身がクリニックリーダーに求めるのはスタッフをまとめることであり、経営業務をしてほしいとは考えていないことがあります。これは、リーダーに選ばれたスタッフ自身も、クリニックの経営に関する仕事がしたくて入職したのではなく、医療サービスや接客などクリニックだからこそできる仕事がしたいと考えて入職しているためです。

一方、事務長として入職する場合は、クリニックの経営やマネジメントなど、院長に変わって組織のスムーズな成長や運営を担ってほしいから採るのであり、医療サービスをしてほしいから事務長を採るわけではありません。ここも、クリニックリーダーと事務長における大きな違いです。

院長がスタッフに明確なビジョンを示すことが重要

クリニックによっては、クリニックリーダーが経営業務に携わっていることがあります。「あそこのクリニックリーダーは何でもできるスタッフだ」と考えることもあるかもしれませんが、全員ができるわけではありません。そのため、先程もお伝えしたように、医療に関わる仕事がしたくてクリニックへ来たスタッフに対して「なぜ経営業務をしてもらうのか」を納得するまで院長が説明をすることが必要です。また、通常の医療業務に加えて、さらに経営業務も行うとなると、スタッフの負担が増えて疲弊や不満につながり、最後には退職ということになってしまうことも考えられます。

しかし、事務長の場合は最初からどのような仕事をしてもらうのかなど、事務長に期待することや役割を理解した上で入職するので、大きなハレーションは生まれません。院長が事務長やクリニックリーダーに何を求めているのかを明確にし、伝えることで、彼らのやりがいやモチベーションの向上、成長や成果にも大きな影響を与えることになります。そこを院長が理解や説明をしないまま年次が長いという理由だけでスタッフをリーダーに選んだり、事務長のような仕事を任せたりすることは、スタッフにとってもクリニックにとっても良い結果になりません。

院長がそれぞれにクリニックのビジョンを語り、これからどのようなことを期待しているのか、どういった仕事をしてもらうのかを伝え、彼らの求めるビジョンに沿った環境や仕事を提供することが重要なのです。

リーダーと事務長の関係性がクリニックの成長を早める

クリニックリーダーはスタッフ一人ひとりに関わっているため院長や事務長よりスタッフと立場が近く、事務長は院長に近いという関係性があります。もし、1つのクリニックにクリニックリーダーと事務長がいる場合には、この2役の関係性が重要になります。

スタッフからの相談をまずはクリニックリーダーで対応、解決が難しい場合には事務長へ相談という流れが一般的です。事務長はスタッフとの関係性構築も大切ですが、それ以上にクリニックリーダーとの良好な関係性を築かなければなりません。医学的な知識ではなく、マネジメント経験を活用したり、経営的な視点で院長の代理として判断・解決したりすることが望まれます。

クリニックリーダーと事務長のどちらかが良い・悪いではなく、院長はそれぞれの役割が違うことを認識しておきましょう。適材適所に配置することで、クリニックリーダーや事務長がスタッフからの相談を解決できるようになります。また、院長が診療や経営といった「院長にしかできない業務」に専念することで、クリニックの成長が加速度的に早くなるのです。さらに、院長から事務長に権限委譲できている状態であれば、院長がいない場合でもクリニックリーダーと事務長が共に院内の改善や新しい取り組みを実行し、結果的に院長の負担を軽減することになるでしょう。

院長自身が経営に関するサポートが必要な場合は、悩まずに事務長を採用することをおススメします。次回は「事務長に必要な資質と能力」についてお伝えいたします。

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

医療法人梅華会グループCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)
M.A.F(医療活性化連盟)事務局長
村上 英之(むらかみ ひでゆき)

グローバルホテルチェーンで10年間の勤務経験を経て医療業界へ転身。兵庫県西宮市を中心に8診療所を展開する「医療法人梅華会グループ」のマーケティング部門責任者として、集患やブランディングに従事。また、開業医コミュニティ「M.A.F(医療活性化連盟)」の事務局長として全国の医院経営者へ学びの場を提供している。

医療法人梅華会のWebサイトはこちら
M.A.F(医療活性化連盟)のWebサイトはこちら
※このコラムは、2019年8月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール