CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 診療科別に見るICT化のポイント(2)

診療科別に見るICT化のポイント(2)

診療スタイルが診療科ごとに異なるように、ICT化のスタイルも診療科によって違いが存在します。そのため、診療科の特性を十分に理解した上でICT化を行うことが大切です。前回に引き続き、今回は整形外科、眼科、産婦人科、精神科のクリニックを見ていきます。

専門性が高い診療科は科目に応じた工夫が求められる

<整形外科クリニックの場合>
整形外科クリニックは、レントゲン撮影が多い診療科であることから、レントゲン機器およびそれをデジタル化するCR・DR、画像ファイリングシステム(PACS)、電子カルテのトータルでの連携が重要なポイントです。これらの連携が十分でないと、機器それぞれに患者IDを打ち込む必要があり、手間がかかるとともに、患者さんの取り間違いなどのリスクが生じます。

また、整形外科は患者数が比較的多い診療科です。カルテ記載にかける時間があまり取れないため「スピード」を重視します。したがって、すばやく簡単に記載できる電子カルテが好まれます。スタッフの人数も他科に比べて多く、端末数が増える傾向があるため、タブレット端末などを活用してできるだけ端末数を絞り、価格を抑える工夫も重要です。

さらに、整形外科は医師の診察とは別に、物理療法や運動療法があります。その際にリハビリスタッフによるカルテ記載が重要になることが、他の診療科と比べ大きく異なる部分です。クリニックではこの機能を「リハカルテ」と呼び、その機能および運用が優れたメーカーが整形外科クリニックでは選ばれる傾向にあります。

<眼科クリニックの場合>
眼科クリニックは、眼底カメラやスリットランプなどの「検査画像」と、視力や眼圧計、レフケラ、視野計などの「検査数値」を取り込み、データを管理する必要があります。そのため、これらの画像や検査情報を、どのように電子カルテと連携していくかが重要です。

また、他の診療科では診察後に検査を行うのが一般的な流れですが、眼科の場合は基本的に検査をした後で診察することが多く、ワークフローが他科とは異なります。さらに、眼科はシェーマ(スケッチ)を多く書く診療科のひとつです。このスケッチについても、他の診療科と比べるとグラデーションを付けたり、色を変えたり、充実した機能が求めまれます。最近では、筆圧(タッチペンの圧力)によってグラデーションが変わる機能なども開発されています。

眼科は外部連携が多いことや、端末数が多いことによって、ICT化投資の総額が他の診療科に比べると高額になりがちです。 医院の運用に合わせて連携する範囲を限定し、端末数を絞るなど、価格を低く抑える工夫も重要になります。

<産婦人科クリニックの場合>
産婦人科クリニックは、まず産科を標榜するかどうかで、電子カルテに必要な機能が変わってきます。産科では周産期医療の対応が必要となるため、周産期に特化した機能が搭載されているかを確認することが大切です。

また、婦人科検診や乳がん検診など、検診をベースに診療を行うスタイルの場合は、マンモグラフィや内視鏡、エコーなど、さまざまな医療機器の画像の取り込み方法についても、よく確かめておきましょう。その際、検診時の報告書(レポート)の作成が簡単にできるかどうかも、見定めるべきポイントです。現在の報告書を提示して、それを簡単に再現することが可能か確認してください。

さらに、不妊治療を実施している場合は、検査機器との連携が増加するとともに、患者さんへの詳細な説明が増えるため、それらのツールについても準備しなければなりません。外注検査は、ホルモン検査や甲状腺検査など婦人科特有の検査が多いため、外注先との連携の取りやすさも考慮することが必要です。

患者さんへの説明については、妊娠カレンダーや予定表などが充実しているものを選ぶと、コミュニケーションが取りやすく、患者さんの満足度向上も見込まれます。カルテの記載量も多い産婦人科では、すばやく多くの情報を登録できることも大切な要素です。定期的に継続して受診する患者さんも多いため、時系列に情報を把握できる機能が活用されているケースがよく見られます。

<精神科クリニックの場合>
精神科クリニックは、医療機器の利用が比較的少ないため、画像ファイリングシステム(PACS)との連動はそれほど気にしなくてよい診療科です。外注検査と心電図をどのように電子カルテに紐づけるかを考えればよいでしょう。

精神科では患者さんの精神状態と深く向き合うことを重視するために、キーボードを打ちながらの診察を避ける傾向があり、そのような対応を行えるシステムを選定することが必要となります。パソコンが得意であれば、診察の合間に電子カルテにテキストを入力することも可能ですが、手書きにこだわりたい場合は、タブレットモニターを活用して、手書き入力ができるものを検討するのもよい方法です。

患者さんが多いクリニックでは、医師の横にクラークを置くケースもあります。その際、患者さんが医師以外のスタッフが診察内にいることを嫌う場合も考えられるため、患者さんに十分に説明する、簡易な仕切りを用意するなどの工夫が必要です。

また、紙に書いた初診カルテとカウンセリング内容だけを、画像として電子カルテに取り込み、再診からは電子カルテに直接入力する運用をしているクリニックも見られます。カウンセラーとの情報共有に電子カルテを活用するかについても、検討しておきましょう。

今回取り上げた4つの診療科は、専門性が高く、比較的患者数が多い診療科です。そのため、診療予約システムや順番取りシステムが導入される場合には、それぞれの診療スタイルに応じて工夫が求められます。

【診療科別ICT化のポイント】

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

mr.oonishiMICTコンサルティング株式会社
代表取締役 大西 大輔(おおにし だいすけ)

一橋大学大学院MBAコース修了後、医療コンサルティングファーム「日本経営」入社。2002年に医療ITの展示場「MEDiPlaza」を設立し、3拠点の統括マネージャーに就任する。2013年「電子カルテ・クラーク養成講座」を開講。2016年に独立し「MICTコンサルティング」を設立する。現在は広島県にある穴吹医療福祉専門学校の非常勤講師を務め、過去3,000件を超える医療機関へのシステム導入の実績から、医師会、保険医協会などの医療系の公的団体を中心に講演活動および執筆活動も行う。また、診療所・病院のコンサルティングにおいて、看護師、リハビリスタッフ、事務員に対して、診療報酬点数、診療録の記載などの指導にも取り組んでいる。

MICTコンサルティング株式会社のWebサイトはこちら
※このコラムは、2019年5月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 翔和仁誠会流分院展開戦略
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール