CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. クリニックのインテリアデザインに求められること

810x382px_PC_aisei_mr.ogawa

クリニックのインテリアデザインに求められること

今回は、クリニック(診療室)のインテリアデザインについてお話します。
クリニックに限らず、人間が日常的に使う空間は、機能と機能以外の感覚的な面の両方で、直接に利用者に影響を及ぼします。

まずは機能的な面からお話しします。
通常の住宅や事務所でも、照明や空調のスイッチが不便な位置にあると使いにくく、利用者にストレスや余計な身動きを生じさせますよね。医療空間では、機能の問題はより重要です。例えば手術室照明の術者足元フットスイッチがなく、壁面スイッチだけだとしたら、照明のON・OFFを術者がいちいち指示しなければなりませんし、時間的にもロスが出ます。

このような機能上の留意点は、手術室だけではなく、クリニックのインテリア全般において数多くあります。この留意点を、診療方法・患者さんの使い勝手・スタッフの運営方法といったさまざまな角度から明確にし、空間的に解決していくことがクリニックデザインのポイントであるといえます。

感覚的な面では「隠れた次元」がポイントになります。
例えば、出血時に壁の色が血液色の補色関係にある色(薄いグリーン等)でなかったら、残像が壁に残って気になってしまいます。あるいは、クリニック内でどんなに清潔な運営管理を行っていても、収納方法や空間デザインよっては清潔感を感じにくくなります。このように、空間には「隠れた次元」が存在するのです。

昨今よく聞く「癒しの環境」(Healing Environmemt)とは、空間における機能上のポイントだけでなく、この「隠れた次元」を空間デザインとして捉え、「人にやさしい空間をどのように作り上げていくか」であると、私は考えています。

さらに、空間が人間に与える要素はそれだけではなく、空間の持つ全体的な「意味」にも注目したいと思います。
「その空間が運営効率志向で計画されているのか?」
「人に対するやさしさを志向して計画されているのか?」
設計時のコンセプトが、長期にわたって空間利用者にはっきりと伝わっていくことが大切です。

クリニックは、広くはない面積に多機能な医療機器と多くの人が入り込む空間です。しっかりと練られた平面計画がないと機能不全に陥りやすいですし、竣工後に様々な不具合によって使い勝手に問題が出てきます。そのため、建築の平面計画としては難しいジャンルのひとつです。

では最後に、クリニックのインテリアデザインとして、私が思う“優れた診察室のレイアウト”について提案してみたいと思います。

クリニックは、ドクターがおひとりで開業されるケースが多く、何科であれ診察室が1部屋というレイアウトが大半です。しかし私は、ドクターひとりが診察室を2部屋を使った治療は、患者さん側にも、クリニック側にも利点があると考えています。
ひとつは感染症患者の隔離室兼診察室としての利用。あるいは患者さんに2診察室に同時に入ってもらい、1室は看護士さんに問診表を記入してもらったり、先に血圧や体温を測っておいてもらい、診察の終わったドクターが移動して診察を行います。
これを交互に繰り返した診療は、合理的で診療時間の短縮にも繋がりますし、診察室近辺に処置室を配置しておけば、3室での運用によって診療行為のさらなる合理的運用ができるのではないでしょうか。
看護士から患者さんに「○○医師が参りますから、少しお待ちください」と伝え、隣の診察室からドクターが移動してくるというのは、診療としてはCOOLで洗練されていますし、ハンディのある高齢者が待っている他の患者さんに気を遣うこともなく、やさしい空間になると思います。

診療室を2室にした場合の間取り例

診察室-1

 

診察室-2

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

小川プロフィール写真_修正後タカラスペースデザイン株式会社
小川 正弘(おがわ まさひろ)
新潟県長岡市出身、東京造形大学造形学部卒。タカラスペースデザイン株式会社 常務取締役、上海宝貝蒙空間設計工程有限公司 薫事、一級建築士・一級建築施工管理技士・インテリアプランナー。30年以上にわたり、理美容室・エステサロン・クリニックの内装・建築デザインに携わり、これまでに500施設以上の設計・施工管理経験を持つ。近年は中国における医療施設の設計業務に関わり、遼寧省瀋陽市「何氏眼科病院」の1,000㎡のリニュアル、設計デザイン他多数の中国案件を手掛ける。
タカラスペースデザイン株式会社のWebサイトはこちら
※このコラムは、2017年2月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール