CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 医療法人理事長インタビュー「逆風が吹くこの10年は、クリニック経営者として腕の見せどころ」

クリニック経営最前線

医療法人理事長インタビュー「逆風が吹くこの10年は、クリニック経営者として腕の見せどころ」

クリニック経営の最前線で奮闘する院長や医療法人理事長が考える“今”をお伝えする、CSP編集部レポートの新シリーズ「クリニック経営最前線」。記念すべき初回は、翔和仁誠会の高松理事長と梅華会の梅岡理事長が登場。積極的な分院展開により医療法人の大型化を成し遂げるなど、クリニック経営における東西の雄ともいうべきこのお二人、実は8年ほど前から交流があるといいます。

「関東の大きな医療法人である翔和仁誠会の理事長に学びたいと思い、手紙を書いた」のは梅岡理事長。手紙を受け取った高松先生は「そんなふうに言ってもらえてうれしかったし、梅岡先生とぜひ意見交換したいと思った」と話します。

今回は旧知の仲である秀でた二人の医院経営者に、クリニック経営に対する考え方や猛威を振るうコロナウイルスがクリニックに与える影響、今後の経営環境の変化などについて存分に語っていただきました。

<プロフィール>
■高松俊輔(医療法人社団翔和仁誠会 理事長)
東京大学耳鼻咽喉科学教室に入局し、国立東靜病院、都立府中病院、都立神経病院、社会保険中央総合病院で勤務、東大病院で文部科学教官助手を務めた後、2002年に「たかまつ耳鼻咽喉科クリニック」を開院。2004年に医療法人社団翔和仁誠会を設立し、現在までに東京・神奈川で耳鼻咽喉科サージセンターを含め15院を展開する。近年は上海・プノンペンでの出張診療も行っており、海外進出も果たしている。

■梅岡比俊(医療法人梅華会グループ 理事長)
耳鼻咽喉科麻生病院医長、市立奈良病院耳鼻咽喉科科長を務めた後、2008年に梅岡耳鼻咽喉科クリニックを開業。現在は、兵庫県西宮市を中心に分院を7院、東京都にフランチャイズクリニック1院を展開するまでに拡大している。

多数の分院展開や先進的な取り組み――攻めの経営ができる理由と狙い

―現時点(2020年3月取材)で、翔和仁誠会は東京と神奈川に14のクリニックとサージセンター1院を、梅華会は兵庫に7つのクリニックと東京にフランチャイズクリニックを経営されています。これだけ多くの分院を展開するのは並大抵の努力では叶わないと思いますが、そのモチベーションはどこにあるのでしょうか?

対談の様子「人や地域社会に貢献したいという想いがモチベーション」

梅岡:大前提としてあるのは、やはり地域社会に貢献したいという想いです。それから、私の場合は“自分の限界”にチャレンジしたくて。“自分”が、“自分の仕事”が、どれだけ多くの方に必要としてもらえるか。開業当初からずっと、その限界を追いかけ続けています。もともと新しいことには常にチャレンジしたいタイプで、じっとしていられない性分なんです。

高松:私も梅岡先生と同じく、できるだけたくさんの方々の健康に寄与したいという想いでここまで法人を育ててきました。おかげさまで多くの患者さんに来院いただいていますが、でも“出会い”は患者さんだけではなくて。クリニックが成長するたび、分院が増えるたびに、新たなドクターやスタッフとつながっていく。この楽しみが原動力になっています。特に、分院長とゼロからクリニックを立ち上げて軌道に乗せ、その収穫をシェアするというプロセスを共に歩むことに大きな喜びを感じますね。

―翔和仁誠会はサージクリニックの開院や海外診療、梅華会はフランチャイズ展開という珍しい取り組みもされていますが、その狙いについて教えてください。

対談の様子「今までのスキルや経験を生かしてより多くの分院展開を目指す」

高松:昨今、そして今後のクリニックを取り巻く環境を鑑み、継続して収益を上げ続けるために打ち出した戦略ですが、ドクターの仕事に奥行きをもたせたいという狙いもあります。クリニック勤務医の仕事はどうしても単調になりがちで、それを不安に思うドクターは少なくないんですよね。そこで、これまで培ってきた手術のスキルをサージクリニックで生かせたり、海外での診療というキャリアを積めたりする環境を整えれば、不安を払拭できるかなと。ドクターを燃え尽きさせないための取り組みでもあります。

梅岡:私たちは“梅華会イズム”を継承するクリニックを、今後より多く展開していくことを目指しています。その実現のために、フランチャイズは非常に有効な手段です。具体的には、経営に関するコンサルティングのみを梅華会で請け負う形ですね。そして、フランチャイジーへの指導をスタッフに任せているので、彼らの成長を促せるというメリットもあります。コンサルティングの経験は間違いなくキャリアアップにつながるため、「仕事を通じて自身を成長させたい」という意識の高いスタッフの採用にも効果があると考えています。

高松:フランチャイジーへの指導ノウハウが確立し、数も増えれば、収益の大幅な増加も見込めそうですね。

梅岡:おっしゃるとおりです。これから、もっとフランチャイジーを増やしたいと考えています。

強い組織をつくり、拡大していく難しさ。キーワードは“権限委譲”

―両法人とも、ドクターやスタッフのキャリアも考慮しての経営戦略なんですね。これは強い組織づくりにもつながるポイントかと思いますが、その観点で他にもこだわりはありますか?

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • Caloo式WSO
  • 翔和仁誠会流分院展開戦略
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール