ドクター開業相談専用ダイヤル

受付時間(平日)10:00〜17:00

03-3240-0253

医院開業コラム

開業のタネ

現場発!クリニックの人材マネジメント

現場発!クリニックの人材マネジメント 第6回

スタッフとの面談は、時間の許す限り継続が大事

  • 労務・人事

2017.06.25

前回、マニュアルによる意識の統一についてお伝えしましたが、今回は「スタッフとの面談」についてお話していきます。
スタッフの成長や今後を見据えるうえで大切なのは、「本人を知ること」です。スタッフが何を考え、組織とどのように向き合っているかを理解しなければ、指導をすることも依頼をすることもできません。

開業後の院長先生とお話をする機会がよくありますが、「気づくとまったくスタッフとの会話がなくなっていた」「本人が何を考えているか理解できない」「伝えたことをスタッフは理解できているのか」など、時間が経つにつれてスタッフとの間ですれ違いが起こっているケースが少なくありません。こういったすれ違いを解消するために必要なのが「スタッフとの面談」です。

 

面談は院長先生とスタッフの心を結ぶ架け橋

スタッフたちは日々悩んでいます。そこで、一人一人との時間を確保し、できる限りスタッフと個人面談を行ってほしいと考えます。スタッフは「私の考えは間違っていないだろうか」「どのような解決策があるのだろうか」など、できれば院長先生に相談したいと思っています。しかし、忙しい業務のなかにある医療従事者は「ちょっと時間をください」とはなかなかいえない現状です。

たとえば「院長先生に今日相談しようと思っていたけれど忙しそう」「院長先生に話しかけて迷惑ではないだろうか」と考えることも少なくありません。「こんなことを院長に相談してよいのか」「叱られるかもしれない」などと、相談をすること自体、判断を悩んでいることさえあります。院長先生ご自身は「聞いてくれればいいのに」と考えるかもしれません。しかしスタッフは、経営者である院長先生に直接お話をするだけでも、非常に勇気がいるのだと知ってほしいと思います。

さらにスタッフは、院長先生が「しっかり自分を見ていてくれるか」「認めてくれているか」と不安になることもあります。「一生懸命頑張っているつもりだけれど、院長先生はどう思っているのか」など、評価を常に気にしているものです。院長先生が忙しい中、あえて「自分のために時間を割いてくださった」という感謝の心が生まれるでしょう。

面談は、院長先生とスタッフの心の架け橋ともいえます。スタッフの状況を確認できる大事な時間なのです。面談を継続して行えば、もし前回話し合いの途中で終わってしまったとしても、次回に話すことができるという安心感も生まれます。

継続して行うことでスタッフとの信頼関係を築き、小さな変化にも気づくことができるのです。ちょっとした時間の積み重ねが(1回30分程度で十分です)、組織の発展のために欠かせない財産になっていくと考えます。

※このコラムは、2017年6月現在の情報をもとに執筆しています。

この記事をシェアする

執筆者紹介

清水 裕美

清水 裕美
(しみず ゆみ)

株式会社Honest style 代表取締役

一般企業の管理職として社員教育等に従事した後、医療機関に在籍し、心理カウンセラー資格を取得。接遇向上委員長を務め、医療接遇の学びと実践を続けてきた。その後、医療コンサルティング会社に勤務し、年間300件以上の講演を行う。2016年、株式会社Honest style設立。全国の医療機関にて、新人・管理職研修、院内ラウンド、カウンセリング等を行う傍ら、医療系大学、専門学校にて学生の育成にも力を注いでいる。

株式会社Honest styleのWebサイトはこちら

開業物件情報

無料の開業相談・お問い合わせ

ご相談だけではなく、医院構想の計画フェーズも親身にサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

無料の開業相談・お問い合わせ

無料個別相談会のお申し込み

無料個別相談会を随時開催しています。お電話もしくはオンラインで、コンサルタントに直接お話しいただけます。

無料個別相談会のお申し込み