CLINIC Station Portal | 医院開業/医療経営のためのポータルサイト

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 整形外科・皮膚科の設計デザインを決定づけるキーポイント

810x382px_PC_aisei_mr.ogawa

整形外科・皮膚科の設計デザインを決定づけるキーポイント

今回は「整形外科と皮膚科」の設計デザインに関するお話です。
まず整形外科ですが、最近は高齢化の影響もあり、リハビリ施設が付いているところが多くなってきています。また、スポーツによる疾患も含め、診察+リハビリ外来(再診)に対応するレイアウトも増えてきました。

設備から見る整形外科のチェック項目

設計は、以下の条件などによって大きく異なります。

1.X線の種類(天井吊レールまたは床走行レール)

X線室ですが、整形外科の場合は天井吊レールの設置が大半で、天井は2,800~3,000ミリ程度の高さが必要です。最近は骨密度の測定装置を設置することも多く、X線室内レイアウトに考慮します。

2.MRI装置の導入の有無

MRIは重量が6,500kg近くあり、三相200V、65KVA程度の電源が必要です。ビル内診療所の場合には、その物件が搬入・設置可能かをチェックしましょう。

3.C型アームX線TV装置を使用した処置室の有無

C型アームX線TV装置の処置室は、神経ブロック注射などの処置を行いますから、処置用の待合スペースやリカバリースペースも必要となります。

4.リハビリ室などの特掲診療科の施設基準

リハビリ室を特掲診療科、運動リハビリテーションの適合医療機関にするためには、45㎡以上の機能訓練室(リハビリ室)が最低認可条件です。

[写真:成増駅前整形外科様]

設置する医療器によってリハビリ室のレイアウトが異なりますし、ウォーターベッド治療器などは、三相200V、4KVAで500kgの重量があります。ビル内診療所のテナント選択時には、この点においてもチェックが必要です。

設計デザインは”患者さんの利便性”が重要

設計デザインのポイントですが、レイアウトは診察・検査室とリハビリ室の配置が重要になります。再診外来では、診察がなく、リハビリのみの患者さんも少なくありません。そのため、受付・待合スペースからのアクセスが、診察・検査と明確に分離した構成が望ましいといえます。

リハビリ機能を有する整形外科は、雇用する人員や患者数が多くなりますから、最低でも70坪~100坪規模の面積が必要です。足やひざ、腰などに痛みを感じている患者さんのためにも、ほかの診療科以上に段差をなくし、通路や待合スペースに余裕を持たせ、車椅子や歩行補助器具などで来院される患者さんの利便性を考慮します。

[写真:成増駅前整形外科様]

リハビリスペースは、スポーツウェアなどへの着替え施設や貴重品ロッカーなどが必要ですし、何よりしっかりリハビリに向き合えるような、のびのびとした環境にすることが重要になります。

皮膚科は目的により計画が異なる

次に皮膚科ですが、これは「保険診療の皮膚科」と「自費治療を含めたスキンケアクリニック」かで大きく異なります。

[写真:オバジクリニックトウキョウ様]

保険診療の皮膚科の場合は、診療単価が低く、収支を考慮すると多くの患者さんを診ることになります。そのため、広い待合スペースや多人数に対応可能な受付が必要です。

ほかにもレーザー治療や、光線療法機器などの電気容量(多くは単相100Vですが1~1.5KVA)のチェックも不可欠となります。レーザー治療の場合は、タンパク質の焦げるような臭いが発生する場合もあり、処置室の換気(特に排気)は単独で設置した方がいいでしょう。外部に直接ダクトが出せることも重要です。

自費治療を含めたスキンケアクリニックは、医療施設というよりもプライバシーを重視したESTサロン的な要素が強いため、通常より処置室の数が必要となります。また、メーク落としやメークアップをするためのパウダールームを設置するケースが多く、ライティングは色温度や自然光・温白色・電球色などへ変更可能な設備であることも重要です。

面積は、保険診療皮膚科の場合は25~30坪程度、自費治療を含めたスキンケアクリニックでは、処置室数にもよりますが50坪以上が必要となります。レイアウトやデザインは、保険診療か自由診療科でまったく違う計画になりますから、この辺りを明確にした上で考えていきましょう。

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

小川プロフィール写真_修正後タカラスペースデザイン株式会社
小川 正弘(おがわ まさひろ)
新潟県長岡市出身、東京造形大学造形学部卒。タカラスペースデザイン株式会社 常務取締役、上海宝貝蒙空間設計工程有限公司 薫事、一級建築士・一級建築施工管理技士・インテリアプランナー。30年以上にわたり、理美容室・エステサロン・クリニックの内装・建築デザインに携わり、これまでに500施設以上の設計・施工管理経験を持つ。近年は中国における医療施設の設計業務に関わり、遼寧省瀋陽市「何氏眼科病院」の1,000㎡のリニューアル、設計デザイン他多数の中国案件を手掛ける。
タカラスペースデザイン株式会社のWebサイトはこちら
※このコラムは、2017年10月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • 藤崎氏教育・子育てセミナー_20180128
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • CS-Collegeクリニック経営講座2017年9月開講
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール