CLINIC Station Portal | 医院開業/医療経営のためのポータルサイト

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. >
  4. 診療圏調査の基礎知識(基礎編)調査資料の見方と推計患者数の把握

診療圏調査の基礎知識(基礎編)調査資料の見方と推計患者数の把握

診療圏調査とは?

「診療圏調査」とは、ある場所で開業した場合に、1日あたりどれくらいの外来患者数が見込めるのか、「その候補地のポテンシャル=推計患者数」を把握するものです。

この数値が大きければ地域の医療充足ニーズが高く、小さければ既に同一の標榜科目による医療は飽和状態であるとか、人口が少ないため開業には不向きであるといったような、開業候補地の一定の評価指標となります。

 

推計患者数は「エリア人口×受療率÷(科目別競合医院数+1)」で算出されます。先生ご自身で算出することももちろん可能ですが、クリニックの開業支援を行っている事業者でも診療圏調査のレポート作成サービスを行っていますので、活用をおすすめします。ただし、その精度は各社各様だと思われますので、立地のポテンシャルが正しく反映されているか、リスクはないかなど、判断ポイントや診療圏調査レポートの見方を事前に理解しておくといいでしょう。診療圏調査のレポートは、事業計画立案時に必要な外来患者数の根拠を示すものとなります。

 

一般的な診療圏=商圏の設定方法とその課題

推計患者数を算出するには、自身のクリニックにどのくらいの範囲の方が来院するかといった「商圏の設定」をする必要があります。商圏は、下の図のように「同心円の距離で設定する場合」や「車による到達時間で線引きをする場合」があります。地域の特性により、どちらが相応しいかを判断しましょう。

 

kaigyoritchi2_1

kaigyoritchi2_2

 

同心円型による距離設定の場合、一般的なクリニックのケースで半径1km前後エリアだといわれています。その中でも、内科は競合する医療機関が多いため、比較的狭く設定するのが一般的です。なお、この範囲は広く設定すれば、推計患者数が多くなるというものではありません。上述の推計患者数の算出方法の通り、この診療圏に入る同一診療科の医療機関は、競合としてカウントされるからです。あくまでこの診療圏=商圏は実態に近しいもので設定すべきだと覚えておいてください。

 

さて、上の図で一般的な診療圏設定の事例を掲げましたが、実際の患者様の来院範囲はこのように一般論で括れるものではありません。各地域にはその地域なりの「生活動線」が存在します。例えば「踏切が離れているので線路の反対側には行きにくい」とか、「河川の橋が急こう配のため渡るのを敬遠してしまう」、または「多少離れているが、地域に支持されている人気のスーパーマーケットに日々通っている」「最寄りのA駅ではなく、急行や快速が停車するB駅を普段利用している」など、複雑な生活動線が形成されています。大病院とは異なり、クリニックの来院範囲はこの生活動線に大きく影響を受けることが多いのです。

 

当社では診療圏の範囲設定において、簡易的にそのポテンシャルを把握する際には同心円による診療圏調査を実施しますが、医療モール開発などで複数の医療機関様に開業物件をご提案する際には、生活動線を反映した独自のナレッジによる診療圏範囲設定を行っています。

 

競合医療機関の実態把握がポイント

上述の通り、推計患者数はエリア人口に受療率を乗じた数値に対して、競合医療機関数+1(この“1”は自身のクリニック分)で割ることでクリニック単体の推計患者数を算出します。では、この「競合医療機関数」は正しく実態を表しているのでしょうか?

 

当社を含め、開業支援事業者は何らかの診療圏調査ソフトを使用していることが多いと思われます。このソフトで使用している医療機関データベースは定期的なメンテナンスが施されているとはいえ、タイムラグが発生していることがあります。つまり、すでに閉院している医療機関が含まれていたり、反対に最近開業した医療機関が含まれていないケースが散見されます。また、ソフトが算出する一次レポートは、外科の専門医でも内科を標榜していれば他の内科専門医同様に機械的に1カウントとしていたり、医師の人数が1名の医療機関であまりにも高齢の先生の場合にも1カウントとしています。逆に地域で圧倒的に支持されている医療機関も他と同じように1カウントとなります。

 

よりリアリティがある診療圏調査の数値を求めるのであれば、すべて一律の1カウントではなく、係数に強弱をつけることも一案です。なお、先の例で挙げた高齢院長のケースでは、「後継者の予定はあるか」など、様々な情報を付加して判断をしていくことはいうまでもありません。

Print

 

診療圏調査レポートの見方

診療圏調査のレポートは、上記のように診療圏のエリア設定を行い、競合医療機関をある程度実態に近づけた状態で作成されます。多少の違いはありますが、下記のような図がその候補地の医療ニーズやポテンシャルを数値で表しています。この表は主要な標榜科目を一覧で表示していますが、先生の予定されている標榜科目に合わせて表示する形が一般的です。

 

kaigyoritchi2_4

 

上の表の右下部分が「1日あたりの外来見込患者数=推計患者数」を表しています。この数値で医療充足ニーズなどを把握できますが、もうひとつ重要な「エリア人口」も要チェック項目となります。診療圏調査のレポートでは、現時点の医療ポテンシャルを把握したにすぎません。開業後、数十年の間には、自身の診療圏内に新たに競合医院が開業する可能性もあります。エリア人口が小さい場合、現時点の推計患者数が良い数値であったとしても、新規参入の競合医療機関の影響を受けやすくなるのです。地域によりますが、例えば首都圏の郊外であれば、1次診療圏(このケースでは0.5km圏内)で1万人、3次診療圏(同1.0km圏内)で3万人以上の居住人口があることが望ましいでしょう。

kaigyoritchi2_5

 

診療圏調査レポートでは、推計患者数以外にも上の図にあるような男女別・年齢層別の人口データなど、候補地の特性を把握できるデータが添付されるケースが多いと思われます。開業候補地が自身の診療コンセプトに合致した場所であるか否か、客観的な数値で把握できますので、「これは!」と思われる開業支援事業者をうまく活用して、ご自身の開業準備にお役立てください。

 

>>クリニックステーションの開業サポートとは

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール