CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. Google アナリティクスの活用法

Caloo式 WSO(WEB集患最適化)

Google アナリティクスの活用法

ホームページをより効果的に運営していくためには、情報が非常に重要なファクターとなります。なぜなら、訪問者数をはじめ、目的、流入経路など、閲覧しているユーザーのさまざまな情報を把握することは、クリニックのマーケティングや集患にもつながるからです。

そこで有用となるのが、「Googleアナリティクス」というツールです。今回は、Google アナリティクスの活用法について、いくつか例を挙げて解説していきます。

「Googleアナリティクス」はユーザーの行動解析に役立つ

Googleアナリティクスとは、Googleが提供している“アクセス解析ツール”です。Googleのホームページから、無料でダウンロードできます。

【Googleアナリティクス】
https://marketingplatform.google.com/about/analytics/?hl=ja

普段私たちが目にしているホームページは、「タグ」と呼ばれる命令文によってプログラムされています。例えば、文字・画像等の位置やサイズ、色なども、タグで指定されているのです。それと同様に、ユーザーの情報を集めるには、データを計測するためのプログラムをホームページに埋め込まなければなりません。このプログラムは「トラッキングコード」と呼ばれ、対象のWEBページに埋め込むことで、訪れたユーザーの行動が解析できるようになります。具体的には、「アクセス数が多いエリア」「ユーザーの男女比や年齢層」「閲覧数が高いページ」などの情報が分かるのです。

クリニックで見るべきGoogle アナリティクスの指標とは?

Googleアナリティクスでは、ホームページに関するさまざまな情報を確認できます。ここからはGoogleアナリティクスの数ある項目の中から、実際に見るべきポイントを解説していきましょう。

■セッション 
まず、Googleアナリティクスでは「セッション」が大事な指標となります。セッションはホームページの訪問数を指し、画面左側のメニューバーにある「ユーザー」内の「概要」から閲覧可能です。セッションの数字が急に下がった場合は検索エンジンのアップデートにより検索順位が下がった可能性も考えられますので、こまめなチェックをオススメします。

Googleアナリティクスで見るべき「セッション」のポイント

■すべてのページ
メニューバーの「サイトコンテンツ」内にある「すべてのページ」を見ることで、どのページの閲覧数が多いかが分かります。ブログを書かれる先生や個別ページのSEO対策を行った方は、こちらの指標で効果を確認してみてください。

Googleアナリティクス内の「すべてのページ」から見る閲覧数

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • Caloo式WSO
  • 翔和仁誠会流分院展開戦略
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール