CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 院長と事務長の関係

院長と事務長の関係

前回は、クリニックにおける事務長の役割についてお伝えいたしました。今回は「事務長と院長はどのような関係にあるのか」をお伝えいたします。

事務長は「クリニック経営の実行部隊」

事務長と院長は、一般企業における「社長」と「部下」の関係と変わりありません。しかし、クリニックでは通常、経営に携わるスタッフは院長だけの場合がほとんどです。一部で医療スタッフが関わっている場合もありますが、本業である「医療サービス」に重点を置くのがスタッフの役割であり、スタッフもクリニック経営を志望して受付や看護師として勤務しているわけではありません。つまり、院長から見て事務長は「クリニック経営の右腕」であり「経営の実行部隊」でもあります。

事務長はクリニックをより良くするために、集患や患者満足度向上施策などのマーケティング、スタッフの採用・教育・勤怠などの人事労務関連、広くは財務管理なども行うことから、院長目線で業務に携わらなければなりません。また、スタッフの人間関係問題や患者クレーム対応、業者さんとの折衝など、院長が診察中には対応できないことも「院長代理」として応対する必要があります。

したがって、事務長は言われたことだけを行う「指示待ちスタッフ」ではなく、どうすればクリニックが目指すべき方向に進めるのかを明確にし、マネジメントや問題解決をしなければならないのです。

時には院長へ意見する勇気も必要

院長は事務長へたくさんの業務を依頼し、クリニック運営について新しい取り組みを行います。しかし、事務長はすべてを「YES」と受け止めるわけではありません。院長が取り組みたいことや発言の内容が、本当にクリニック運営や働くスタッフにとって良いことなのかを吟味し、場合によっては意見することも必要です。

間違ってほしくないのですが、決して「断固反対・拒否」ではありません。事務長は、院長と同じくクリニック経営に携わる役割として、重要な内容ほどしっかりと話し合うことが必要なのです。

「なぜ院長はそれを取り入れたいのか」
「院長はどのような結果を求めているのか」
「クリニックやスタッフ、患者さんにとってどのようなメリットがあるのか」

など、事務長自身が腑に落とさなければ「経営の実行部隊」として真剣に取り組むことができなかったり、スタッフへ依頼するときに納得する説明ができなくなったりします。これでは単なる「伝書鳩」でしかなく、事務長である必要はないのです。

お互いが信頼し合える関係だからこそ、時には本音でぶつかり合うこともクリニックの成長には不可欠であり、避けては通れないと考えています。

院長の不足を補完するのが事務長の務め

本コラムの第1回で「院長は医療のプロではあるが経営のプロではない」とお伝えいたしました。院長によって、スタッフマネジメントやコミュニケーション、資料データ作成、細かい雑務などが不得意な場合もあります。また、診療時間中は経営に関することが何もできません。しかしながら、苦手なことや、できない時間は何もしないままでいいのでしょうか。

事務長はクリニック経営の右腕として、医療以外の部分で積極的に経営に携わらなければなりません。優秀な事務長ほど、主体的に物事に取り組みます。時には間違うことやできない業務もありますが、院長ができない部分を事務長が補完することで、クリニック運営を進めていけるのです。そのためにも大切なことが1つあります。

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • CS-College基礎コース201910開講
  • スタートアップセミナー東京
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 医院開業サポート
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 事務長解体新書
  • 医師採用力
  • 医療ICT活用メソッド
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール