CLINIC Station Portal | 医院開業/医療経営のためのポータルサイト

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 東洋医学における薬剤師の責務、それはよき通訳者たること。

東洋医学における薬剤師の責務、それはよき通訳者たること。

 

アイセイ薬局 駿河台店 店長/薬剤師
古谷 佳苗 氏
* * * * * * * * * * * * *

薬剤師としてどのような専門性を打ち出していったらよいのだろうか。そう悩んでいるときに出会ったのが、東洋医学でした。

私が店長を務めているアイセイ薬局駿河台店が開局したのは、2012年10月。漢方薬・生薬認定薬剤師が中心となって、漢方薬処方箋を積極的に受け付けており、現在では、漢方薬処方が8割を超えています。製薬企業各社のエキス剤の調剤に加えて、常時150種以上の生薬を用意し、煎じ薬の調製を提供しています。

 

 

医師と患者様の「懸け橋」になりたい

 

私は、東洋医学の考え方を、薬の専門家として患者様に分かりやすい言葉で伝え、医師と患者様の懸け橋となりたいと考えています。

東洋医学では、「患者様の全体的な状態を勘案して、処方を決定する」という考え方を基本としています。そのため、薬局で提供する薬剤情報提供書に書かれている効能効果と、医師の処方意図が異なることも少なくありません。また、流派によってそれぞれに処方方針をお持ちだったりしますので、それらの特徴を広く理解しておく必要もあります。

患者様にとっては、日常生活で耳にしないような専門用語がたくさん用いられます。そのような場合でも患者様が安心して服用できるように、それぞれの患者様に適した説明をすることが、薬剤師の務めだと考えています。

 

02_surugadai_B

 

一方、処方箋から読み取れない情報に関しては、患者様から直接お伺いする必要があります。まずは、患者様との対話の中で、医師とのお話や、その理解度を確認し、東洋医学独特の考え方や専門用語に戸惑っていることがあれば、分かりやすい表現に置き換えて説明します。患者様に医師の意図をより深く理解していただくことが、継続した服用につながるからです。

 

 

アドヒアランス向上の秘訣は「タイミング」を細やかにお伝えすること

 

患者様の東洋医学への理解を深めることに加え、薬剤師のもう一つの重要な使命が患者様のアドヒアランス向上です。

中国古典の医学書『千金要方』では、“未病をいやす医師”が最も尊いとされています。未病とは、健康診断や検査では異常がなくとも、自覚症状のある患者様のことです。

 

03_surugadai

 

漢方薬は、ある程度長期的に服用し、体質や全身の状態を改善することが目的です。西洋医学では薬の成分の吸収過程や血中濃度への作用が分かっているので、決められた時間にきちんと服用することが前提となりますが、漢方薬では未だその吸収過程がはっきりとしていないものも多く、何百種類もある中から本当にその方の症状に合った薬を見つけるのはそれなりに時間がかかります。とにかく、継続して飲んでもらうことが重要になるのです。ですので、毎日一定量をきちんと飲んでいただけるように、服用タイミングについては工夫してお伝えしています。

例えば、漢方薬でいう「食間」はもともと、食事と食事の間に飲んでいるお茶の変わりにお薬を飲みましょう、といった考え方からきていますので、患者様にはそのような話題と共に、食前に飲み忘れてしまった場合でも、食後もしくは次の食事までに飲めば大丈夫ですよ、あるいは、気がついた時点で飲んでくださいとお伝えします。

また、1日中外出していて2回飲めなかったといった場合には、帰宅時に1回飲み、寝る前にもう1回飲んでください、といった具合に、1日のうちに決められた回数をきちんと飲めるようにアドバイスしています。そうすることで患者様のアドヒアランスは向上し、ご自身でも効果を実感しやすくなります。

さらに、きちんと服用していただくために、味についても前もってお伝えしています。「苦い」「辛い」「酸っぱい」「臭いがきつい」薬も予めそのようにお話し「頑張って飲みましょう」とお声かけすることで、患者様は心の準備ができ、ある程度の覚悟をもって飲んでいただけます。どうしても飲めない場合には、冷ましたり凍らせたり、甘いものと混ぜたりあるいは顆粒のまま、といった飲みやすい方法をお勧めするなど、患者様それぞれの状況に合わせて指導をしています。

漢方薬を継続して服用できるかは、医師の先生方の説明と同じくらい我々薬剤師による服薬指導も重要だと認識しています。患者様との丁寧なコミュニケーションを心がけ、長期的な服用が実現するよう、尽力しています。

 

 

日々のコミュニケーションが、

より良い「医薬連携サイクル」を生む

 

先生方とは、日頃から患者様の情報を交換し合い、処方意図や漢方薬に対する知識・理解の共有をさせていただいています。また、そうした情報をすべての患者様への服薬指導に反映できるよう、薬剤師同士の情報共有も徹底しています。

このような意識からか、当店には、医師と薬剤師、患者様と薬剤師、さらには薬剤師同士が互いに要求や質問をしやすい環境があります。日々のふとしたやりとりにおいても「先生方や患者様の質問に適切に応えたい」という思いにつながり、知識向上への意欲を生んでいます。三方のコミュニケーションを通じて、いい循環が生まれているように思います。

 

04_surugadai_D8B3231

 

先生の期待に応えるためのチャレンジの一つが、医療機関主催の勉強会や学会の学術大会に積極的に参加させていただくことです。できる限りシフトを調整して、私だけでなく希望する薬剤師が平等に参加できるようにしています。

また、2014年度からはアイセイ薬局本社が主催する漢方研修も始まり、全国の薬剤師が参加しています。本社主導でこのような勉強会が開催されることは、アイセイ薬局本社の将来を見据えた人材育成に対する熱意の表れであると考えています。

当店でも、漢方薬・生薬認定薬剤師として認定を受けている4名に加え、残り2名の薬剤師もアイセイ薬局本社や他店舗のバックアップを得て、積極的に勉強会に参加しています。

 

 

漢方薬の保険適用に関する情報もこまめに共有

 

05surugadai_D8B3086

西洋薬では保険適用となる用法用量が添付文書などに明記されていますが、漢方薬では使い方によっては適応外も多く、処方される先生方も苦労される点かと思います。また、各生薬の1日量ごとに保険適用範囲がありますので、増量して処方したい場合には、保険請求に関して十分な注意が必要です。しかし、その量についてはMAX値が明示されていないので、出してみないと返戻があるのかないのか正直わからない場合もあります。大体の目安はあるのですが、それを超えない限りは大丈夫かというと、それが保証できないところが難しいところです。

当店では、これまでの経験(実例)と知識の蓄積を活かして、保険適用範囲などの現場レベルでの情報を積極的に先生方に提供し、処方の決定にお役立ていただいています。また、気になった点があれば直ぐに疑義照会を行い、確認漏れのないように努めています。

 保険適用となるかどうかは、クリニック・薬局の双方にとって、軽視できない問題です。患者様の処方に影響することなく、健全な保険請求となるよう、先生方との協力体制を築いています。

漢方を希望する患者様は少なくありません。しかし、患者様と接していて、漢方薬に対する情報量がまだまだ不足していると感じます。どこに行ったら漢方薬をもらえるか、とか保険が適用されるのかどうか、など。なかなか気軽に足を運べない状況があるのかな、と。今後は、そうした患者様の道標となり、“漢方のフラッグシップ店”となれるよう、積極的に情報を発信していければよいなと思います。

 

Doctor’s Comment

証クリニック神田 院長・横山 浩一 先生

06_surugadai_D8B3204アイセイ薬局駿河台店の皆さんと医薬連携をさせていただく中で感じるのは、薬剤師の皆さんの向上心の素晴らしさです。特に、学会活動、勉強会への参加率の高さは目を見張るものがあります。薬局長の古谷さんの熱心さが他の薬剤師の皆さんを動かしていますし、アイセイ薬局本社主催の漢方勉強会など、強力なバックアップ体制があります。

業務体制に関しても、厳密な生薬の品質管理をしていただけているため、大変助かっています。漢方薬は、同名の処方でも、出典となる医書や草本書が異なると生薬の組み合わせが異なります。同様に、製薬企業各社のエキス剤はそれぞれ出典が異なるため、同名処方でも内容が違います。私たち医師がエキス剤を処方する際は、生薬の内容を加味したうえで指定するのですが、そこを理解されないことも多々あり、苦労していました。

しかし、アイセイ薬局は違います。私たちの大切にする部分を理解してもらえているので、同じ方向を向いて患者様に対する医療を提供していくことができています。

医師と薬剤師がタッグを組んでの医療提供は、クリニックにとっても必須です。処方内容、飲み合わせ、過剰投与など患者様情報を集約して、問題があれば気づいてくれるのが薬剤師の皆さんです。ダブルチェックの防波堤として、今後もぜひ協力していただきたいと思います。

 


 

_D8B3057thumbPROFILE
古谷 佳苗 氏
アイセイ薬局 駿河台店 店長/薬剤師 1989年城西大学薬学部卒業

趣味:茶道
第16回花月菴流で10年(まだまだ若輩者です…)。抹茶、煎茶を嗜んでいます。茶道を通じて育む“おもてなしの心”を日々の業務にも活かしていけたらと思います。

 

 

 

 


 

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • CS-Collegeクリニック経営講座2017年9月開講
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール