CLINIC Station Portal | 医院開業/医療経営のためのポータルサイト

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. カツオは院長、サザエは事務長

aisei_kasanami01

カツオは院長、サザエは事務長

前回のあらすじ

ナミヘイの遺産分割協議を行った結果、フネ、サザエ、カツオ、ワカメに預金・不動産・株式などの財産が分割で相続されることとなった。そしてイソノ医院は、ナミヘイからカツオへと事業承継されていくのであった。

 20170113_kekei-zu-01

 

ナミヘイが亡くなり、イソノ医院の新たな院長となったカツオ。
これによりイソノ家は、ナミヘイの相続手続きに加えて、イソノ医院の事業承継手続きも同時に行うこととなった。

 

 

姉さん、僕はイソノ医院の院長を引き継ぐことだけで精一杯だよ。先週、パートのカオリさんと早川さんが辞めたいって言ってきたから、新規採用のことも考えなければならないしね。母さんに無理をかけるわけにはいかないからさ。姉さん、助けてよ。

 

もう、カツオったら。だからもっと早くに相談しなさいって言ったのに。困ったわね……。今は父さんが亡くなって、母さんの精神的負担も大きいから、私にできることがあれば喜んで手伝うわ。

 

さすが姉さん、話が早いね!

 

もう、カツオったら。いい歳して茶化すんじゃないわよ。

 

サザエ、あなたも医療法人ISONOの理事なんだからしっかりお願いね。

 

はーい。

 

相続や医院承継の手続きのことは何から手を付けていいかわからないから、税理士のカサナミ先生に相談してみましょう。

 

1週間後の土曜日

 

 

こんにちは。医院の相続は大変です。相続手続きと事業承継手続きを同時に行わなければなりません。ただ、イソノ医院様は医療法人になられていましたので、手続きは個人事業より煩雑ではありません。私と一緒に一つずつ手続きをクリアしていきましょう。

 

助かります。私一人で何から手を付けていいのかと悩んでいました。

 

ご安心ください。私が代理でできることもございます。まずはスケジュールを作成して、緊急性・重要性の高いものから順に進めていきましょう。

 

私もお手伝いしますので、よろしくお願いします。

 

それは助かります。まずは、医院の事業承継手続きです。最初に院長の変更手続きを行います。保健所に行って○○○。それから、厚生局にも行って●●●、それから▽▽▽。こちらは私のほうで動きます。
次に医療法人の変更手続きです。理事長が変更されると、銀行口座の変更や社会保険の手続き、税務署への手続きも必要になります。それから×××……

 

まあ、そんなにいっぱい!大変だわ、サザエもお願いね。

 

2か月後

 

 

おかげさまで、イソノ医院の承継手続きについて今できることは大方終わりました。

 

それでは、相続手続きも同時に行っていきましょう。まずは銀行に行って、○○○から行います。その資料を持って、●●●。医療法人の出資持分の名義変更も必要です。法務局で×××も行う必要があります。こちらは私のほうで手配させていただきます。

 

わかりました。●×銀行と●▽銀行へは私が行ってきます。

 

今が一番大変な時期です。一つずつ確実に乗り切りましょう。

 

6か月後

 

 

みなさまのご協力により、無事に相続手続きも事業承継手続きも期限内に完了することができました。ありがとうございました。

 

おかげさまで助かりました。主人も喜んでくれていると思います。

 

私もとってもいい勉強になりました。少しはイソノ医院の役に立ったわよね、父さん。

 

もう終わったの?僕の出番はなかったね。

 

こら、カツオは偉そうなことを言うんじゃないの。

 

そうよ。これからはカツオがイソノ医院の院長なんだから、しっかり頼みますよ。

 

そういえば、先日退職したカオリさんと早川さんの代わりに新しいスタッフを採用したんだけど、またすぐに辞めちゃって。僕と合わなかったのかな。ちょっと厳しいことを言ったのがまずかったのかな。

 

カツオ、あなたは院長なんだからもっとしっかりしなさい。

 

そうはいっても、僕は人を雇うのが初めてで……。どうやって接したらいいのかわからないし、診療のことで精一杯だよ。医院経営なんてとてもできないや。姉さん、助けてよ。

 

もう。あなたは昔から何でもすぐに私に頼るんだから。

 

スタッフの労務管理は、医院の承継時にとてもデリケートなことです。前院長先生を慕って、長らく勤めてこられた方もおられると思います。院長が代わってすぐに今までのやり方を変えてしまうと、反発が起こることもあります。まずは○○○から始めましょう。

 

なるほど。これまで父さんが築いたイソノ医院の歴史も大事にしなければならないね。

 

そうよ、カツオ。スタッフは、女性が多いんだから女心がわからないとね。

 

それは無理だよ姉さん。僕は女装の趣味はないからね。

 

……。

 

父さんを慕って残っているスタッフがいるんだったら、この際、私が事務を手伝うわ。

 

さすが姉さん。そうこなくっちゃ!

 

もう、あなたは昔から人をおだてるのがうまいんだから。ちゃんと給料を出してね。

 

はいはい。姉さんしっかり働いてね。

 

まずは、スタッフ面談をやりましょう。私も同席します。スタッフさんが今思っていることを聞いてみましょう。給与のこと、休みのこと、新院長のこと、みなさん貴重なご意見を持っておられるはずです。そして、クリニックをもっと良くするためにはどうすればいいかの提案があれば聞いてみましょう。

 

それはいい案ですね。お父さんは今までそういった面談は一度もやってなかったので、スタッフさんにぜひ聞いてみたいです。

 

こうして、イソノ医院の事業承継手続きは完了した。またスタッフ面談を経て、承継だけではなく、これまでの医院経営に伴うさまざまな課題が抽出された。カツオはこれらを真摯に受け止めて、これまで以上にスタッフとのコミュニケーションを図るように努力した。さらにサザエは、スタッフから何でも相談される事務長として、イソノ医院を裏からサポートした。
そしてカツオが院長になって1年で、イソノ医院はこれまで以上に多くの患者さんが来院するようになった。

次回につづく

 

●税理士笠浪真のワンポイントアドバイス

医院の管理者である院長先生が亡くなられたときには、「相続手続き」と「事業承継手続き」を同時に行うことになります。手続きは院長先生のご家族、とりわけ奥様が行うことが多いです。奥様が相続手続きと承継手続きを一手に引き受けることは、大きな負担となります。

また医院を承継した新院長先生は、労務管理や会計管理に直面します。これまでは、勤務医として労働に対する対価を得ていた先生が、突然、経営者として責任を負うことになるのです。労務管理において、旧院長を慕って働いていたスタッフが、新院長のもとでも同じように働いてくれるとは限りません。なかには、新体制に合わずに退職してしまうこともあります。

手続きに関しては、何から手を付けたらいいのか、誰に相談したらいいのかなど、頭を悩ませることも多いかと思います。弊社では、税理士や社会保険労務士といった国家資格を持つ専門家が在籍しています。医院の相続手続き・事業承継手続きの実績も豊富です。相続・医院承継において、これらの手続きは失敗が許されないものです。ぜひお気軽にご相談ください。

 

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

mr-kasanami笠浪 真(かさなみ まこと)
税理士法人テラス 税理士・MBA
京都府出身。国立滋賀大学経済学部卒業の後、同大学院にてMBA取得。在宅・特別養護老人施設にて、介護士として医療福祉の現場に携わり、会計事務所・法律事務所・コンサルティング会社を経て、税理士事務所を開業。これらの経験を、さらに医療の現場に役立てたいとの思いから、慶應義塾大学大学院医療マネジメント専攻にて、医療経営を学び直す。平成25年「医師からファーストコールされる存在」として、病院・診療所・歯科医院の会計に専門特化した税理士法人テラスを設立。経営理念に共感した医師・歯科医師より、多くの支持を得る。
税理士法人テラスのサイトはこちら

※このコラムは、2017年5月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • CS-Collegeクリニック経営講座2017年9月開講
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール