CLINIC Station Portal | 医院開業/医療経営のためのポータルサイト

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 内科の空間デザインにおいて重要視すべきポイントとは

810x382px_PC_aisei_mr.ogawa

内科の空間デザインにおいて重要視すべきポイントとは

今回は、内科クリニック(診療科目の表示形式として内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科)の空間デザインについてお話します。

内科の空間デザインを決めるポイントとは

国内にあるクリニック(診療所)総数約10万件のうち「内科」または「〇〇内科(呼吸器・循環器・消化器・神経・心療など)」と標榜しているのは6万7,000件前後と圧倒的で、開業件数が最も多い診療科です。
内科の空間デザインは、多岐にわたる患者さんの属性を踏まえ、老若男女のさまざまな疾患に対応するための空間をどう計画するかがポイントとなります。また内科標榜に専門性を加え、先生の得意分野を中心に構成していくかによっても空間デザインは違ってくるのです。
たとえば、かかりつけ医の場合と専門性を加えた消化器内科などでは機能も異なります。それぞれをクリニック空間構成上で検討すると、以下のポイントが挙げられます。

【かかりつけ医(プライマリーケア)としての機能を持つ場合】

かかりつけ医の場合、ある程度「身近でなんでも診てくれて、相談に乗ってくれる」ことが大切です。
・診察室や健康相談室、または生活習慣指導室で、健康相談や健康指導が行える
・病状に応じ、ネットワーク先の専門診療所や総合病院へ紹介できる
・インフルエンザなどの感染症により、かなり体調が悪い状態の患者さんでも応対可能

【専門性を加えた消化器内科など】

一方、専門性を加えた内科の場合では日帰りベースでの診察・診断・治療がクリニックで完結できる機能が必要となります。
・消化器内科では内視鏡検査(胃や大腸)に特化
・循環器内科では負荷心電図検査用のトレッドミルなどの検査ができる

それぞれの観点から、必要な機能には違いが見られます。しかし、どちらにおいても私が内科クリニックを設計する場合には、機能性以上に重要視している3つのポイントがあるのです。

内科クリニックの設計において重要視すべき3つのこと

1. 患者さんへの清潔感やアメニティ

まず、待合室の椅子を例に挙げてみましょう。具合が悪い患者さんにはベンチ―シートや長椅子ではなく、一人ひとりが分かれている単脚ソファータイプを、座り心地もきっちり検証したうえで提案します。
次に化粧室のデザインは、スペース的に可能であれば利用する人を選ばないユニバーサルデザインにします。手を洗う水洗はオート水栓、ペーパタオルまたはハンドドライヤーを設置して、化粧室出入り口の建具には抗菌材を使用します。
これらは患者さんが直接受ける医療行為ではありません。しかしこういった患者さんに対する空間や環境の「しつらい」は、クリニックとして迎える側の意思や想いを表すものです。日常生活に最も近い医療である「内科クリニック」の環境は、そこからがスタートであるべきと考えています。

2.インフルエンザなどによる飛沫感染患者さんへの機能

医療環境についてはコラムの第2回でもお話しましたが、診察室を2つの部屋に分け、診察の利便性と感染症の隔離室的機能の向上を図ります。また各処置室や検査室の配置は、診察室を中心にレイアウトしていきます。
ここで重要な点は、基本的に診察室は室内側からの放出を防止する「負圧」、反対に処置室は室内気圧をほかの部屋より少し高く設定し、雑菌やチリ・ホコリが部屋に侵入するのを防ぐ「陽圧」とすることです。このような換気システムの計画により院内でのウイルスや雑菌をコントロールすることが可能になります。

3. 診察や治療に対する利便性と快適性

胃カメラや内視鏡検査などの医療行為は、患者さんに負担がかかります。専門性の高い診察や治療を行う空間では、もちろん検査室の機能も重要ですが、患者さんが身体を休めるための「リカバリーコーナー」を設けるなど、快適性への配慮が必要です。また、負荷心電図検査に際して、検査衣に着替える場所や貴重品を含め私物のロッカーなど設置により利便性を高めることも重要といえます。

「内科・〇〇内科」と標榜する場合、多くは「かかりつけ医」としての機能を必要とします。重要なのは患者さん目線ですが、患者さんの属性が多岐にわたるため、求められる医療環境も多くのことに対応せざるを得ません。限られたスペースでどんな点を重要視して空間を創っていくかは、開業される先生が「目指す医療」をどのポイントにおくかで決まります。まさに空間デザインが”言葉のない伝達機能”になると、私は考えています。

【タカラスペースデザインによる案件のご紹介】

[待合一人用ソファ]

[化粧室]

[診察室]

[陽圧の内視鏡室]

[内視鏡収納]

[リカバリールーム]

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

小川プロフィール写真_修正後タカラスペースデザイン株式会社
小川 正弘(おがわ まさひろ)
新潟県長岡市出身、東京造形大学造形学部卒。タカラスペースデザイン株式会社 常務取締役、上海宝貝蒙空間設計工程有限公司 薫事、一級建築士・一級建築施工管理技士・インテリアプランナー。30年以上にわたり、理美容室・エステサロン・クリニックの内装・建築デザインに携わり、これまでに500施設以上の設計・施工管理経験を持つ。近年は中国における医療施設の設計業務に関わり、遼寧省瀋陽市「何氏眼科病院」の1,000㎡のリニュアル、設計デザイン他多数の中国案件を手掛ける。
タカラスペースデザイン株式会社のWebサイトはこちら
※このコラムは、2017年4月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • CS-Collegeクリニック経営講座2017年9月開講
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール