CLINIC Station Portal | 医院開業/医療経営のためのポータルサイト

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. ナミヘイ、医療法人を検討する

aisei_kasanami01

ナミヘイ、医療法人を検討する

イソノ医院のナミヘイ院長は75才を過ぎ、後継者に悩んでいます。実は10年前にも家族で話し合いが行われたのですが、決定打はなく、後継者は決まらないままでした。

20161206_kekei-zu_b

 

最近のナミヘイさんは、お年のせいかお疲れ気味です。先月より土日に加えて、木曜日も休診日となったイソノ医院。奥様のフネさんも、今後のイソノ医院がどうなるのかと不安が募ってきました。

 

 

さすがに75歳を過ぎて、週5の診療はきついわい。木曜日を休診してから少し体が楽になったなあ。

 

おとうさん、無理はしないでくださいね。休診日が増えて、売上が減っても、これまでの十分な蓄えがあるので心配しないでくださいね。

 

おかあさん、ありがとう。わしが元気なのもかあさんのおかげだよ。そういえば、カツオの同級生のハナザワ医院のお嬢さんが医療法人を継いだそうだな。あちらは多角化経営でよく儲かっているのだろう。

 

はい。医療法人ですって。うちも昔は考えたことがあったのですがね。後継ぎが決まってないからって、当時の税理士さんに反対されましたわね。そうそう、この前、こんな広告が入っていましたよ。


『事業承継にも有効な医療法人化。家族経営の現状と、将来を見据えた医療法人という選択  by税理士法人テラス』

 

 

おとうさん、今後のために、このセミナーに行ってきてもいいかしら。

 

おお、さすがわしのかあさんだ。よく言ってくれた。よし、わしも一緒に行って勉強してくるか。

こうして、ナミヘイとフネは、再来週の日曜日、セミナーに参加することになりました。

そして日曜日

 

 

みなさん、こんにちは。税理士法人テラスの笠浪です。本日は、ご多忙の中、医療法人セミナーにご参加いただき、ありがとうございます。

 

おや、最前列にいるのは、カツオの同級生でナカジマ医院のナカジマ先生ではないか。野球ばかりしていたのが立派になりおって。わしも負けておれんな。

 

医療法人のメリットは、まずは税金対策です。一定の利益を超えると、法人税率の方が所得税率よりも低くなります。そして今後の税制改正からは……。次にメリットがあるのは、事業承継対策です。後継者が決まっていない場合も有利になることがあります。もし院長が体調不良などで診療を続けられなくなった時に、医療法人だと……。具体的なご相談は、無料シミュレーションをご利用ください。

 

ふむふむ。なるほど。イソノ医院は医療法人化するメリットがありそうだな。

 

誰も継いでくれないときはどうなってしまうのでしょうね。

 

今日は時間もあることだし、個別相談にのってもらうかな。

 

おとうさん、それはいいですね。確定申告書も持ってきたことですし。

 

それでは、さっそく、シミュレーションをしてみますね。

電卓カチャカチャ

 

 

社会保険の加入を考慮してもメリットが出ますね。後継者は決まっていますか?

 

それがまだ決まっていなくて、ずっと悩んでいるのだわ。

 

後継ぎが決まっていなくても医療法人にするメリットはありますか?

 

はい。実は後継者が決まっていないクリニックこそ、医療法人化しておくと、事業承継がスムーズにいくことがあります。例えば……。

 

ふむむ。税金でもメリットがあり、事業承継でも医療法人になっておく方がよさそうだな。かあさん。

 

はい。おとうさんの言うとおりです。サザエも理事として活躍してくれるでしょう。

こうして、イソノ医院は、次回3月の医療法人申請に向けて、家族で話し合いを進めていきました。名称は『医療法人ISONO』と決まり、理事長にナミヘイ、理事にフネとサザエとカツオとワカメと決まりました。このときまでは、すべてが順調に進んでいるようでした。ナミヘイの健康診断結果が出るまでは……。

次回につづく

●税理士笠浪真のワンポイントアドバイス

医療法人は、病院やクリニックが永続的に継続していくために(ゴーイングコンサーン)政策上認められた法人制度です。医療法人になると法人税法が適用され、個人事業のときの所得税法とは税体系が異なります。一定の利益を超えると、法人税率の方が所得税率よりも低くなります。そして役員報酬や役員退職金により所得分散が可能になります。
また、後継者が決まっていないクリニックでは、医療法人化しておくことにより、事業承継がスムーズにいくことがあります。例えば、個人事業だと、万が一院長が死亡したときに廃業するしか選択肢はありません。しかし、医療法人であれば、医師でない奥様が一時的に理事長になることができます。その間に親子間承継や第三者承継(M&A)をする時間を稼ぐことができます。その他、分院開設や介護事業への展開を検討するクリニックには医療法人によるメリットが大きいといえます。

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

mr-kasanami笠浪 真(かさなみ まこと)
税理士法人テラス 税理士・MBA
京都府出身。国立滋賀大学経済学部卒業の後、同大学院にてMBA取得。在宅・特別養護老人施設にて、介護士として医療福祉の現場に携わり、会計事務所・法律事務所・コンサルティング会社を経て、税理士事務所を開業。これらの経験を、さらに医療の現場に役立てたいとの思いから、慶應義塾大学大学院医療マネジメント専攻にて、医療経営を学び直す。平成25年「医師からファーストコールされる存在」として、病院・診療所・歯科医院の会計に専門特化した税理士法人テラスを設立。経営理念に共感した医師・歯科医師より、多くの支持を得る。
税理士法人テラスのサイトはこちら

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • CLINIC Station Live@名古屋
  • CLINIC Station Live@大阪
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール