CLINIC Station Portal | 医院開業/医療経営のためのポータルサイト

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. マルチデバイス時代を見据えたクリニックのWEB戦略

aisei20161021

マルチデバイス時代を見据えたクリニックのWEB戦略

こんにちは。株式会社DEPOCの安岡と申します。弊社では、医療機関に特化したWEB戦略をサポートしています。

これから、12回に渡り、クリニックがどのようにインターネットやホームページを効果的に活用していけば良いのか、実例を交えてお伝えしていきたいと思います。

パソコンからスマートフォン・タブレットの時代へ

ホームページをパソコンだけで見る時代は終わり、スマートフォン・タブレットなどのデバイス保有率はここ数年で急速に増加しました。それに伴い、スマートフォンでインターネットを利用する人口は4,300万人(2014年9月時点)を超え、デバイスのサイズや種類も増え続けています。

今やマルチデバイスに対応しているホームページであることは、必要不可欠となっています。

yasuoka01-1

出典:総務省 平成26年通信利用動向調査

 

患者さんはインターネットで医療機関とつながる時代に

では、スマートフォンの普及により、患者さんの動向はどのように変化したのでしょうか?
スマートフォンや様々なデバイスの普及に伴い、8割近くの人がインターネットで健康や医療に関する情報を収集する時代になりました。患者さんにとって「気になったら、まずネットで調べる」ことは、すでに当たり前なのです。

また、予約システムや口コミサイトなど、インターネットを活用したサービスも普及しました。今では患者さんにとって医療機関とつながる一番身近な媒体が、インターネットやホームページとなっています。

yasuoka01-2

出典:総務省 平成27年版 情報通信白書

デバイスの普及と共に様々なインターネットのサービスが生まれました。誰でも情報の配信や獲得がしやすくなり、一気にインターネットが身近なものとなりました。クリニックの経営においても、ブログやSNSなどの新しいサービスを活用し、診療時間外でも患者さんとの接点を持つことにより、ファン形成や患者さんへのアプローチなど新たなコミュニケーションを構築することが可能となりました。

インターネットのサービスは、比較的簡単にスタートできるものだからこそ、いかに運用するかがキーポイントとなります。どのような活用方法があるのかは、これからのコラムでご紹介していきたいと思います。

小手先の技術は通用しない!?最近のSEO事情

しかしながら、注意点もあります。ホームページを作成し情報を発信していても、検索エンジン(Google やYahoo!など)の検索結果に表示されず、患者さんまで情報が伝わらない状態では、クリニックにとっても患者さんにとっても意味がありません。そのために必要となるのがSEO対策です。

日本の検索エンジンといえば、Googleと Yahoo!が主に利用されており、この2つで全体の92%を超えるシェアを占めています。SEO対策とは、それらの検索エンジンの検索結果において上位に表示させることで、ユーザー(患者さん、医療従事者など)をホームページまで導くための対策のことをいいます。補足ですが、Yahoo!検索エンジンのアルゴリズム(検索結果を決めるためのプログラム)は、Google検索エンジンのアルゴリズムが使用されています。つまり、Googleに対してSEO対策ができていれば、全体の約92%に対して対策ができていることになります。

※SEOとは、Search Engine Optimization の略で「検索エンジン最適化」を意味します。

yasuoka01-6

出典:株式会社1st Class

では、Googleはどのようにして検索順位を決めているのでしょうか?

Googleはユーザにとって価値のあるコンテンツ(情報)を提供するために、検索アルゴリズムのアップデートを頻繁に実施しています。細かなものを含めると年間500回以上アップデートが行われているといわれています。また、過去のアップデートの内容を見ると、価値のあるコンテンツの提供を疎かにした「検索で上位に表示させるためだけの対策」を排除することで、よりユーザに有益な情報を届けることを目指していることがわかります。

つまり、少し前に流行った「被リンクを増やす」といった小手先のSEO対策だけでは、上位表示は難しくなってきているということです。

yasuoka01-5さて、「ユーザー(患者さん)にとって価値のあるコンテンツの提供」とは、どういうことでしょうか。

具体的には、

・より多くのデバイスに対応している
・ユーザーにとってわかりやすく情報が整理されている
・クリニックの基本情報がわかりやすく掲載されている
・最新の情報が配信されている
・どのような診療・検査が受けられるかが丁寧に説明されている

など、挙げればきりがありませんが、専門知識を持つ制作者(制作会社)と情報を発信するクリニックや病院が協力することで、患者さんにとって有益な情報を提供できるホームページを作ることができます。しかし、それを継続していくことが最も重要です。

より詳細なSEO対策については今後もご紹介していきたいと思います。

クリニックのホームページを考える

医療機関やクリニックの主たる目的は「患者さんのためになるものを提供すること」です。

インターネットは市場や業界の変化がとても速く、少し前まで常識だったことが今では常識といえないことも少なくありません。だからこそ、この流れに惑わされることなく「患者さんのため」を軸に、クリニック経営に役立つホームページを制作・運用していただければと思います。
03yasuoka_matome

経験豊かなサポートスタッフが、先生方一人ひとりのニーズに合わせた医院開業サポートを行っております。個別相談を無料で承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

mr-yasuoka株式会社DEPOC専務取締役・医療支援事業部部長
安岡俊雅(やすおかとしまさ)

昭和50年神奈川県出身。平成10年東京農工大学農学部卒業。小野薬品工業株式会社に入社し、8年間MRとして大学病院、基幹病院を担当。平成17年に株式会社DEPOCを設立。病院やクリニックのWEBコンサルティングを300件以上行い、現在は医療法人の監事、一般社団法人の理事、学会事務局なども務め、WEBコンサルティングを中心とした医療業界でのソリューションを提供している。
株式会社DEPOCが展開する医院・クリニック専門のホームページ制作サービス「クリニックプラス」はこちら
※このコラムは、2016年10月現在の情報をもとに執筆しています。

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール