CLINIC Station Portal | 医院開業/医療経営のためのポータルサイト

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. 「ああ勘違い」の増患対策。"患者数"のマジックに惑わされるな!

810x382_永井さん

「ああ勘違い」の増患対策。"患者数"のマジックに惑わされるな!

こんにちは。集患マーケターの永井です。今回は、クリニック経営において、頻繁に出てくるキーワードの一つである「患者数」について考えてみたいと思います。

実は、今まで数多くの医療機関の集患増患支援を行ってきたのですが、うまくいっていないクリニックの院長ほど、「患者数」にこだわりを持っている傾向があります。でも、患者数にこだわっても、集患増患はうまくいきません。なぜなら、患者数だけを見ていても、集患増患の対策は何も思い浮かばないからです。

多くの院長先生は、患者数という数字のマジックに惑わされています。今回は、一般的に言われている患者数をきちんと捉えるところからお伝えしていきたいと思います。

「患者数」が何を示しているか、本当に理解していますか?

「今、1日の来院患者数は25人くらい。もっと増やしたい。」(クリニックの院長)、「1日の来院患者数40人を目指しましょう」(増患コンサルタント)…、こんな話を誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。これらの会話で出てくる「患者数」。もちろん経営指標の非常に重要な数字ですが、実は、この患者数ばかりにとらわれていると、集患増患の実現は難しくなってきます。

まずは、このグラフを見て考えてみてください。

nagai11-1

縦軸は患者数、横軸は時間の推移を表現しています。さて、このクリニックは「問題あり」でしょうか?それとも「問題なし」でしょうか?

この答えは、「問題あり」でも「問題なし」でもありません。正しい答えは、「これだけでは分からない」です。「問題あり」と答えた人も「問題なし」と答えた人も正しくはありません。そもそもこのグラフだけでは、どちらともいえない、いえるはずがないのです。では、それはなぜなのでしょうか?

患者数をばらして「患者の動き」を把握する

一般的に使われている患者数を、患者ごとに来院日別にプロットしてみました。

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • CS-Collegeクリニック経営講座・分院展開戦略
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • CS-Collegeクリニック経営講座2017年9月開講
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール