CLINIC Station Portal Powered by AISEI PHARMACY

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. コース・マネジメントが医学部の合格率を左右する

aisei_cover_02

コース・マネジメントが医学部の合格率を左右する

こんにちは、藤崎です。
前回までの「時間」「夫婦間」「地域性」の3つのリセットが終了しましたので、いよいよ決断と実践のステージに入ってまいります。

受験は受ける時代から「選ぶ時代」に突入している

登山で言えばルートの選定です。例えば富士登山ひとつとっても、吉田、富士宮、須走、御殿場と4つのルートがあり、それぞれ難易度が違います。ご来光を拝むために、それぞれのルートから、みな必死に山頂を目指すわけです。医学部受験の全国区の戦いとそっくりですね!

では、わが子にはどの様なルートがあるのでしょうか?こちらをご覧ください。

mr.fujisaki11

皆様のお子様は、今どの段階にいらっしゃるでしょうか?また、皆様自身は、どのルートを辿って今に至っているのでしょうか?青い矢印は受験なし、ピンクの矢印は受験ありです。

かつては、地元の幼稚園から地元の公立小学校、学区の公立中学校へと進み、高校受験。そして県立高校か私立高校に進み、大学を受験するのがスタンダードでした。

しかしながら昨今は、中学受験を経て、6年間を「私立中高一貫校」で学び(オレンジ色)、大学受験を目指すグループが結果を出しているということは、これまでお話してきた通りです。

また都心では、小学校、幼稚園受験といった、いわゆる「お受験」という選択肢もあります。さらに、公立の威信を賭けた「公立中高一貫校」も選択できる時代になりました。

大学受験においても、推薦入試、AO入試、地域優先枠と多岐にわたり、まさに、受験は受ける時代から、選ぶ時代に突入したといえるのです。

「受験選び」5つのステップ

この「受験を選ぶ=ルート選択」こそが、医学部合格の確率を大きく左右する決断であり、そのすべてが、あなた方ご両親に委ねられているのです。試験を受けるのは子どもです。しかし、ルートを選ぶのは親なのです。

これより先は、会員の方のみご覧いただけます(登録無料)

合わせて読みたい

Recommended おすすめ記事

  • 新規会員登録
  • 医院開業サポート
  • CS-College基礎コース201804開講
  • スタートアップセミナー大阪
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール