CLINIC Station Portal | 医院開業/医療経営のためのポータルサイト

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. >
  4. 医院開業における、開業形態別メリット・デメリット

医院開業における、開業形態別メリット・デメリット

物件タイプごとの様々な開業形態

医院開業においては、「戸建て」、テナントビルへ入居する「ビル診」、複数の医療機関が集まって開業する「医療モール」など、様々な形態があります。また、開業物件を所有するのか、賃借するのかによっても大きな違いがあります。

どのような開業形態を選択するかは自身のクリニック医院構想や経営方針に基づいて決定するのが理想ではありますが、限られた開業資金の配分や健全な経営計画の立案と遂行、不動産所有状況や地域性などの様々な制約条件を考慮し、現実的な目で選択を進めていくことが大切です。

kaigyokeitai1_1

 

本稿では、おもな開業形態である「戸建て」「ビル診」「医療モール」について、それぞれのメリット・デメリットを確認してみましょう。

 

戸建て開業のメリット・デメリット

kaigyokeitai1_4

[メリット]

レイアウトの自由度が高いため、院内動線や患者様に配慮したスペースの確保など、理想を実現しやすい開業形態です。駐車場を確保できる場合、車での来院層など広範囲の集患を見込めます。特徴ある外観等により、認知度を高めることも可能です。

[デメリット]

設計や建設に日数を要しますので、開業までの準備期間が比較的長くなります。また、打合せに相応の日数を割かれることになります。開業全体の費用が大きくなるため、資金調達や開業後の資金繰りに注意が必要です。院外処方をする場合、近隣の調剤薬局の有無に影響を受けることがあります。

 

ビル診開業のメリット・デメリット

kaigyokeitai1_2

[メリット]

比較的多くの候補から開業物件を選択をすることが可能です。それゆえに、周辺人口が多いエリアや駅に近い好立地での物件確保がしやすいといえます。初期投資額が比較的小さくなるため、開業資金に合わせた開業がしやすく、金融機関の融資も得やすい開業形態だといえるでしょう。

[デメリット]

既存のビルへ入居する場合、レイアウトの自由度が低くなります。ビルの設計や設備ありきになりますので、医療機器の搬入や設置、給排水・電気容量の確保など、医療施設として不都合な点がないか、チェックが必要です。また、同一ビルの他テナントが医療に似つかわしくないこともありますので、注意が必要です。看板の掲示についてビルオーナーの意向等により制限が発生することもありますので、こちらも注意しましょう。

 

医療モール開業のメリット・デメリット

kaigyokeitai1_3

[メリット]

地域の医療ランドマークとして高い認知を得やすく、集患がしやすいといえます。同時に、他診療科クリニックとの相乗効果が期待できます。共同看板や共用駐車場の確保などにより、単独開業よりも費用を抑えた運用がしやすい開業形態だといえます。

[デメリット]

医療モール企画会社により、内装業者や医療機器選定に制約が発生する場合がありますので、注意が必要です。他診療科クリニックとの間で診療範囲の調整が必要なケースもあります。

 

 

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • CS-Collegeクリニック経営講座2017年9月開講
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • みらいマネー研究所
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール