CLINIC Station Portal | 医院開業/医療経営のためのポータルサイト

ようこそゲスト

  • ログイン
  • 新規会員登録
  1. >
  2. >
  3. >
  4. 開業立地を決める際の最重要ポイント

開業立地を決める際の最重要ポイント

集患できる開業立地とは?

kaigyoritchi1_1

 

上の図は、某駅前のA・B2つの地点を開業地としてプロットしたものです。

ともに駅からの距離にそれほど差はありません。また、いわゆる診療圏調査のソフトを使用して周辺人口や外来見込み患者数を算出した際にも、ほとんど数値が変わることはないでしょう。しかし、このA・Bは開業立地としては雲泥の差があります。

 

開業立地Aは、駅前を通る生活道路沿いにあり、駅をはじめとする周辺施設を利用する住民の認知を得られる立地といえます。また、目の前にバス停があるため、通勤や通学、買い物などでバスを利用するような、少し離れたところにお住まいの住民からも医療機関として認知を得られる可能性があります。

反対に、開業立地Bは一本路地を入った場所にあるため、日頃その道を通る人や同じ町内の住民といった、非常に限定された人のみが存在を知ることになります。もしB地点で開業した場合は、広告や看板による誘導を図る必要があります。

 

医院開業では市場性を判定する際に「診療圏調査」を実施するケースがほとんどですが、そこから算出される外来見込み患者数は「住民の認知を得られる立地であること」が大前提です。数字上は外来数100名に到達するほど医療ニーズが高い場所であっても、住民にその存在を認知されていなければ、集患は非常に困難であるといえます。

 

クリニック自体やサインなどの「視認性を確保できるか」は、非常に重要です。先の事例で取り上げたA地点であっても、十分なサイン掲示ができず、また上層階のテナント物件であった場合、地域住民の認知が得られるかについては、疑問が残るといえます。

 

加えて、その候補地が「住民の生活動線上に位置しているか」を見極めることも重要です。クリニックの開業立地は、駅への行き帰りルートであったり、スーパーなどへの買い物で多くの人が日常的に往来している流れの中にあることが非常に望ましいといえます。これは郊外の車移動が一般的な地域でも同様です。郊外では、地元の方が利用する生活道路沿いなどが一等地となります。

 

 

開業立地の評価指標

当社は調剤薬局を生業としていますが、医療モール開発の専任組織を有し、現在90を超える医療モールを開発・運営しています。医療モール開発には多額の投資が伴うため、地域の医療ニーズを見定めるとともに、「住民の生活動線上に立地しているか」についても現地調査を交えたシビアな判定を行っています。

 

以下の図表は当社が医療モールの物件判定を行う際の評価指標を基に作成したものです。当サイトでもご案内している医院開業物件に関しては、原則的にこれらの項目でスクリーニングを行い、一定水準をクリアしたもののみを掲載しています。保険診療をメインとした標榜科クリニックの誘致を想定したものとなりますので、ひとつの参考にしていただければ幸いです。

kaigyoritchi1_2

 

現在募集中の医院開業物件を見る>>https://clinicstation.jp/estate/

  • 新規会員登録
  • スタートアップセミナー名古屋
  • スタートアップセミナー大阪
  • 開業物件情報
会員限定コンテンツ
  • Web診療圏調査
  • 開業資金シュミレーター
  • 非公開物件バナー
人気連載記事
  • 人事労務読本
  • クリニック内装の機能とデザイン
  • 現場発! 人材マネジメント
  • イソノ医院の承継記
  • クリニックWEB戦略新常識
  • ドクターのための医業経営力養成講座
  • 開業医のための「医院経営相談外来」
  • 熱血!医院集患塾
  • わが子を医師にするための9つのルール